視力検査

視力検査とは、一般に目が何かを見分ける能力を測ることを言います。
視力検査には静止している物体を見分ける能力である静止視力、動いている物体を見分ける能力である動体視力、そして遠近感や立体感を見分ける能力である深視力の3つがありますが、一般に視力検査と言えば静止視力を指します。
静止視力は目が見分けることができる最小視角の逆数で示され、1分(角度1度の60分の1)の角度を見分けられれば視力1.0と診断します。
具体的には様々な大きさ・向きをした「C」の文字のようなランドルト環が描かれている視力検査表を用いて測定されます。
これは、Cの直径:Cの太さ:切れ目の幅の比率が5:1:1の割合で示されています。
一般的な視力検査表ではCの直径7.5mm、Cの太さ1.5mm、切れ目の幅1.5mmが基準となり、これを5m離れた場所から見て1.5mmの切れ目が認識できると視力1.0と診断されます。
視力検査表の一番上の切れ幅の大きさは1.5cm(1.5mm÷0.1=15mm)であり、5m離れた場所からこれが見分けられれば視力0.1、見えない場合は距離を狭め4mの地点から見えれば0.1×4/5=0.08と診断します。
なお、ひらがなやカタカナを使った視力検査表の場合は、文字の大きさがCの直径と同じ大きさになります。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP