いじめごっこを楽しむAKB48!

一時期、あのAKB48の中でいじめが行われているという噂が流れました。
いや、今でも密かにそういう現実は存在し、いじめに絶えられなくなって脱退したメンバーもいたとかいなかったとか・・・!?
確かに、女の園にはいじめは付き物みたいなもので、特に、みんながみんな同世代且つ、お互いがライバルという状況にあるのですから、これは単なる噂話では済まない大きな問題なのかも知れません。

実際、メンバー内で、誰かが誰かをからかうというような行為が日常茶飯事である事は、目撃者の証言も多数寄せられていて、関係者もはっきりと認めているのです。
これはやっぱ見逃せないでしょう!

と思いきや、そういう現状はあるものの、それはあくまでも遊び、即ち、いじめごっこであって、本物のいじめではないというのが、プロデューサーの秋元康を筆頭とするスタッフ一同の共通の言い分!
ではでは、いじめごっこというのは、一体全体どのようなものなのでしょうか?

まずはこちら、
“サイボーグ”・“おばさん”・“豚鼻”・“すっぴんがヤバい”
と、これらはいずれも、とあるメンバーに対する陰口として叩かれていたものらしいですが、皆さんは、どれが誰の事だか分かりますか?

その答えは、ご想像にお任せするとして、やはりターゲットにされるのは、どうしてもチームの主軸を担う面々!
仕事も多く、明らかにずば抜けて活躍しているものが目を付けられる傾向は否めないようです。

しかし、そうなって来ると、無論、付き合いで一緒になって悪口を言うものもいたとしても、中には、本気でねたみ、嫌みの一つも言わずにはいられないものがいても決して不思議ではないでしょう。
いじめというのはそもそも、大勢が長期間、一つの環境の中にいる事によって発生するもので、特に、個性の強い人間や一際弱い人物がターゲットにされやすいと言われています。
学校や職場でのいじめというのは、その典型的例で、AKBなども、正にこれに該当する条件が揃っているのです。

しかも、多くのいじめは、最初はごくごく限られた加害者の軽い遊び心から始まるもので、彼らがその面白さを見いだした時、自然とそれに飛びつく仲間が増え、その中身もエスカレートして行きます。
つまり、いじめごっこというのは、いじめの最初の一角を構成する要素であり、後には、加害者の言い訳に使われる最大の武器であるという事です。

ただ、被害者たちの最良の復習は、腕力や言葉で勝つ事ではなく、加害者を上回る地位や名誉、そして富を手にし、さり気なく見下す事だと言えます。
そういう意味では、こうしたいじめの辛さを活力として、競争の激しい芸能界でのし上がり、同道と活躍している今回のターゲットたちには、持って生まれたタレントとしての才能があった事は間違いないでしょう。
という事で、このような攻撃も、ある程度は致し方のないところであると割り切っていたのかも知れませんね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP