たるみにつながる疲労の場所

■たるみにつながる疲労の場所は
毎日の生活に疲れていませんか?
しっかり寝たはずなのに、疲れが取れない!
慢性的な疲労に悩まされている人も多いでしょう。
疲労が溜まっていると?
顔などのたるみにつながります。
現代社会では疲労を解消することも難しいでしょう。
しかしたるみを予防するためには?
疲労の場所毎に対応することが極めて重要です。

◆肩こり
たるみにつながる疲労の第一は、肩こりです。
パソコン作業や家事などで、肩こりを感じている人は少なくないでしょう。
肩こりになると、首筋の血行が滞ります。
そこから顔への酸素や栄養分が行き届かなくなります。
するとお肌の新陳代謝も衰えるので、たるみが現れます。
一見すると関係なさそうですが、肩こりとたるみは直結しています。
さらに肩が痛くなると?無意識に顔を歪めてしまいます。
同じ姿勢を続けないように。
適度なストレッチやマッサージが肩こり解消には有効です。

◆疲れ眼
たるみにつながる疲労の第二は、疲れ眼です。
いわゆる眼精疲労になると、目元のたるみに直結します。
そもそも眼精疲労は、眼を酷使することです。
眼が常に緊張状態なので、眼の柔軟性が失われてしまいます。
これこそたるみの元凶です。
仕事であっても1時間に1回のペースで眼を休ませましょう。
街中では難しいでしょうが、遠くを眺めるようにしましょう。
目元を軽くマッサージするのも疲れ眼の解消には有効です。

◆ストレス
たるみにつながる疲労の第三は、精神的なストレスです。
休んだ気がしない?
心に何かを抱えすぎているからです。
仕事や家庭の悩みなどもあるでしょう。
しかしリラックスしましょう。
眉間にしわが寄っていませんか?
これもたるみの源です。
精神的な疲労が消えないと思ったら?
大きく深呼吸を繰り返しましょう。
心が落ち着いてくるし、気分転換になるので、一時的なストレスの解消には有効です。

◆腰痛
たるみにつながる疲労の第四は、腰痛です。
腰が痛い?
だるい!
疲れを感じると、前かがみになってしまいます。
するとお腹がたるんでしまいます。
また猫背になると下を向くことになるので、精神的にも落ち込んでしまいます。
積極的になれないと、たるみを許容してしまいます。
一方で身体を傾ける癖があると?
バランスが崩れて、体調不良の原因です。
逆効果と思うかもしれませんが、まずは姿勢を正しましょう。
腰痛の解消には有効です。

◆あなたの疲れはどこですか
たるみを実感したら、どこかに疲れはないか?
疲労が溜まっていないか?
探してみましょう。
疲労がたるみの原因です。
まずはそれを自覚しましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP