コンディショナーの使い方は

■コンディショナーは正しく使いましょう
ヘアケア製品の種類が昨今は増えています。
意識せずに使っていることもあるでしょう。
とはいえシャンプーやコンディショナーは正しい使い方をしましょう。
せっかくの有効成分が生かせません。
逆に頭皮や髪を傷めて発毛を阻害していることもあるようです。

◆コンディショナーとは何か
美容系に疎い人は、シャンプーしか使っていないかもしれません。
そういえば昨今はリンスがなくなったような気がします。
またトリートメントという商品もあります。
これらは何が違うのでしょうか。
もちろんシャンプーは汚れを落とすためのものです。
どんな場合であってもシャンプーは使いましょう。
十分な濯ぎをした後は、コンディショナーを使うのが正解です。
つまりコンディショナーは、髪のコンディションを整えるものです。
具体的には保湿をしたり物理的な刺激から髪を守る役割をしています。
かつてはリンスを使っていました。
しかしリンスの進化型がコンディショナー!
そんな概念なので、リンスが衰退していったようです。
ちなみにトリートメントは、髪の中まで浸透する成分があります。
発毛や髪のケアという意味では?
ちょっと違った扱い方をすべきのようです。

◆コンディショナーの正しい使い方
発毛に悩む人の特徴として、洗髪方法が適していないケースがあるようです。
基本的に頭皮の肌質に合ったシャンプーを使いましょう。
そして頭皮を爪で傷付けないように、マッサージする要領で頭皮を洗いましょう。
また濯ぎを十分にしましょう。
シャンプーのカスが毛根に詰まったり、コンディショナーの作用を阻害している場合があるようです。
これは発毛には有害です。
ちなみにコンディショナーを使う際は、大まかに水気を取り除きましょう。
びちゃびちゃの髪にコンディショナーを付けると薄まってしまい効果が果たせません。
なおコンディショナーを髪に馴染ませたら、間を置かずお湯で濯ぎましょう。
時間を置くとコンディショナーがべたついたり、落ちにくくなります。

◆トリートメントは先に付ける
トリートメントを併用する場合には、シャンプーとコンディショナーの間に使います。
つまりコンディショナーは髪の毛をコーティングしてしまいます。
そのためコンディショナー後にトリートメントを付けても、髪の毛まで到達せず、まったく意味がないからです。

◆発毛剤は頭皮に使う
十分に洗髪したら、発毛剤を使いましょう。
こちらは頭皮に浸透させましょう。
たまに髪の毛へ発毛剤を付けているケースがあります。
これも意味がありません。
特にコンディショナーを使った後では弾かれてしまいます。
頭皮のマッサージを兼ねて、発毛剤をじっくりと馴染ませましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP