pixta_19332463_M

ダイエットの安全性について

女性なら一度はダイエットに挑戦したことがあるでしょう。
しかしダイエットが成功した例は?
もちろん一時的に成功したとしてもリバウンドでプラスマイナスゼロ?
もしくはプラスアルファ?
とはいえ正しいダイエット方法を試さないと危険であることが否めません。
そこでダイエットの安全性について考えてみましょう。

■絶食系ダイエットの安全性
最も多いダイエットの方法として絶食系があります。
これは1日のうち1食を削る、もしくは全く食べない?
炭水化物を摂らないダイエットなども、この類に入るでしょう。
もちろん極度の肥満であれば?
摂取量を控えることは当然です。
しかし見た目それほど太っているとは思えない?
そんな人が絶食系ダイエットをすると?
日々必要な栄養素を十分量得ることができず、代謝障害などによって体調を崩すことがあります。
また骨が脆くなる骨粗鬆症のリスク!
最悪の場合拒食症に陥る可能性が否めません。
このように絶食系ダイエットの安全性には疑問がいっぱいです。

■何かに拘るダイエット
絶食系の反対として?
何かに拘るダイエットがあります。
例えばバナナダイエットなどです。
こちらの安全性に関しては、度を過ぎないこと!
もちろんバナナなど目的とする食品の有効性は否定できません。
逆に大切な食べ物であることも多いでしょう。
しかしそればかりに拘ると?
絶食系同様に栄養が偏る危険があります。
したがって適度な摂取に止めましょう。

■カロリーオフダイエット
サプリや清涼飲料水など、カロリーオフを謳う製品が多々あります。
こちらのダイエット方法の安全性はどうでしょうか?
カロリーオフであっても甘味がある?
つまり人工甘味料が使われています。
とはいえこの人工甘味料の有毒性を指摘する意見や、人工甘味料が脳を刺激して、さらに甘味を求め、結果として余計に太る!
そんな話もあるようです。
なおカロリーオフを利用しているから大丈夫!
そうした安心感から食べ過ぎる?
そんな因果関係もありそうです。
結論として、程々にすれば?
安全性の問題はないのでしょう。

■運動系ダイエット
最も健全そうで、単純?
かつ効果の上がりそうなダイエット法は?
運動系です。
ボクサーのように減量スーツを着て汗を流す!
健康的なイメージです。
しかし素人的な方法では?
逆に怪我をする危険もあります。
また急に始めると?
心臓麻痺!
稀ではないようです。
さらに適度に水分補給をしないと?
脱水症状も心配です。
一方でお腹が空くから食べてしまう!
ダイエットの意味がなくなりそうです。
そのため運動系ダイエットの安全性は、適切な指導に従うこと!
これが前提になりそうです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP