涙袋は将来的にたるみやすい

■涙袋は将来的にお肌トラブルが現れるかも
涙袋を強調するメイクが昨今は流行っているようです。
若い女性の涙袋が膨らんでいると?
可愛らしく見えるのも確かな話です。
とはいえ涙袋を強調しすぎていると?
将来的にたるみなどのお肌トラブルが現れるかもしれません。

◆涙袋とは
そもそも涙袋とは何でしょうか?
下まぶたにある膨らみのことです。
メイクがなくても強調されている人がいます。
とはいえ疲れてくると隈のようになるので、注意したい部分でもあります。
なお涙袋とは言いますが、実際に涙が溜まっているわけではありません。
また涙が分泌される部分でもありません。
触ると軟らかいですが、脂肪はほとんどなく、まぶたを動かす筋肉からなっています。

◆たるみやすい
涙袋はフワフワしているため、このままでいて欲しい!
思うものです。
しかし涙袋の実態は筋肉です。
鍛えなければ衰えていきます。
若い間膨らんでいる人ほど?
年齢を経るに伴いたるみが目立ちます。
一方でメイクに凝っていると?
逆に素の状態での変化がわかりにくくなります。
そういう意味でも、気付いた時にはたるみが激しくなっている?
稀ではないようです。
化粧を落とす際などに、チェックを忘れないようにしましょう。

◆たるみを防ぐには
では涙袋のたるみを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?
涙袋は基本的に筋肉なので、筋トレが効果的です。
しかしどうやって?
昨今はパソコン作業などが増え、瞬きの回数が減っているようです。
メイクの問題もあり、眼をあまり動かすことも少ないようです。
とはいえ筋肉は動かさないと萎えていくだけです。
メイクしている間は難しいのであれば?
帰宅後やお風呂などで、意識して眼を動かしましょう。
眼を大きく開いたり逆に細めたり!
これを繰り返してみましょう。
この際には、頬や額は動かさないようにします。
初めはぎこちないですが、慣れれば上手くできるようになります。
もちろん眼の周りを軽く押さえてマッサージするのも有効です。
仕事中でも、1時間に1回は休憩をとり、眼を開けたり閉じたりしてみましょう。
眼精疲労の解消にもつながります。
すると目元の疲労もとれてくるでしょう。

◆顔全体もマッサージ
日々のスキンケアが不十分だと、お肌のたるみは30歳代でも現れます。
気付いた時には手遅れ?
しかしたるみがわかったら直ぐに対応しましょう。
できることはたくさんあります。
まずは涙袋を強調しないメイクに変えるのもよいでしょう。
なお涙袋ばかり意識していると?
目尻やほうれい線のたるみが目立ってきます。
顔全体をマッサージして、しわ、たるみ解消に努めましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP