発毛が不可能な場合はあるか

■発毛が不可能な場合は、本当にあるのか
今の世の中に不可能なことはあるのでしょうか。
不景気も影響しているようですが、昨今の若者は悲観的なようです。
何でも不可能!
直ぐに諦めるようです。
発毛に関しても、不可能だ!
思いがちです。
とはいえ本当に発毛が不可能な場合などあるのでしょうか。

◆限界は自分が決めている
精神論はご法度でしょうが、ほとんどの場合、限界は自分が勝手に決めているようです。
第三者的に見れば十分可能性はあるのに、ダメだ!
諦めてしまいます。
言い換えるなら、今の世の中は何でもできます。
20世紀にスマホの普及を確信していた人はどれだけいたでしょうか。
それでも夢を持って研究を続けたからこそ、爆発的なヒットを迎えたのです。
発毛法も21世紀に入って飛躍的な進化を遂げています。
これだけ可能性があるのに、不可能な場合がある!
限界を勝手に決めてしまうのか。
実にもったいない話です。

◆発毛が不可能な場合はあるか
とはいえ具体的に発毛が不可能な場合はあるのでしょうか。
例えば遺伝的な要因があります。
一般的に薄毛の遺伝子は母から受け継がれると考えられています。
そのため母方の祖父、伯父、叔父に薄毛の人がいれば?
原則的には発毛が不可能な場合に該当するようです。
もちろん怪我などで頭皮に致命的な傷があったり一部の抗がん剤などを服用していれば、発毛を阻害するケースがあります。
現状において医学の限界があることも否めません。
しかし人体には未だ発見されていない神秘のパワーが隠れているのも事実です。

◆不可能を可能にできるか
不可能を可能に変えることは可能です。
もちろん相応の努力が必要です。
つまり多くの人は、その努力をしたくないだけです。
例えば毎日腹筋運動を1000回やり続ければ、5年後にオリンピックで金メダルを取れる!
そんな保証があったなら?
あなたはどうしますか。
結局は精神論に落ち着くのかもしれません。
しかし脳科学が進歩すれば、精神論を科学的に解明できるでしょう。
そうすると不可能な場合を可能に変える方法が、見出されるはずです。
それまであなたの発毛も待ちますか。

◆自分にとって何が優先か
発毛が不可能な場合もある。
そう思うことで安心できるのも事実です。
逆に変なストレスを取り除けば?
発毛が促されるケースがあるようです。
基本的には禁酒禁煙!
規則正しい生活をして適度な運動を続けることが、発毛には不可欠です。
もちろん義務感があれば、それが自律神経系やホルモンバランスに悪影響を与えます。
しかし信じて頑張ることが大切です。
自分にとって何が優先なのか?
自問しましょう。
すると答が見えてきます。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP