発毛の仕組みにヒントがある

■発毛の仕組みを考えるとヒントがある
人間は哺乳類です。
しかし体毛がない点で、他の哺乳類とは大きく異なっています。
一方で髪という特殊な毛を進化させています。
陰毛もそうですが、なぜ一部分だけ体毛が残ったのか?
解けない謎でもあります。
その有り無しで一喜一憂する現状は、滑稽ではありますが、当人にとっては切実な問題です。
ではわかっている範囲で発毛の仕組みについて考えてみましょう。
発毛のヒントがあるかもしれません。

◆髪の毛とは
そもそも髪の毛は、他の体毛と同様に皮膚が進化したものです。
例えば哺乳類の祖先と言われている爬虫類には体毛がありません。
とはいえ鱗があります。
これも皮膚が進化したものです。
なお一部の恐竜には、鳥のような羽毛があったとされています。
こちらも皮膚が進化したものです。
多くの動物は、身体を守る仕組みとして皮膚を進化させてきました。
人間の場合は体毛であり、中でも重要な頭を保護するために髪の毛が進化した!
現状では推測されています。

◆髪の毛の生える仕組み
基本的に髪の毛が生える仕組みは、他の体毛と同じ仕組みです。
つまり毛根のサイクルがあります。
毛根の奥にある毛母細胞が活発に分裂することによって新しい髪の毛、既にあれば、それを伸ばすようにしていきます。
そこで毛母細胞の活性を促すには、十分な栄養素を補給することが大切です。
また無用な刺激を与えないことも重要です。

◆ホルモンの働き
発毛の仕組みにおいて重要な働きをするのはホルモンです。
ホルモンとは、微量で様々な生体反応を促進もしくは抑制する物質です。
例えば発毛に関係するのは男性ホルモンです。
中でもテストステロンが問題視されています。
とはいえテストステロン自体は発毛を促す!
そんな研究があります。
そしてテストステロンから合成されるジヒドロテストステロンが発毛阻害の根源だ!
これが昨今の定説になりつつあります。
なお男性ホルモン自体が良くない!
こんな風潮を鑑みれば、女性ホルモンを活用する方法が提案されます。
具体的には女性ホルモンのような作用を持つ大豆イソフラボンを摂取すると発毛に貢献するとの指摘があります。
ちなみに成長ホルモンもあります。
こちらはダイレクトな発毛効果があります。
そのためには早寝早起きが推奨されます。

◆人間の仕組みです
発毛を促すには、その仕組みにおける要点を外さないことです。
つまり毛母細胞に栄養を与える。
そのためには血行を促す。
そしてホルモンバランスを整えることも重要です。
難しそうですが、すべてを解決する鍵は?
規則正しい生活、適度な運動、過不足のない食事をする!
元に戻ってしまいます。
すなわちそれが人間の基本的な仕組みだからです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP