発毛の治療は保険が使えない

■発毛の治療に健康保険は使えるのか
発毛を治療として捉えよう!
そういう概念が一般化してきました。
発毛は恥ずかしいことではありません。
風邪と同じように、お医者さんで治療する時代なのです。
では治療なのだから健康保険が使えるのでしょうか。

◆健康保険制度の問題
日本では国民医療費がパンク寸前!
既に破綻しているとも指摘されます。
これは健康保険制度に問題があるようです。
もちろん誰でも安価で治療を受けられる良い制度です。
これがあるから日本人は長寿を享受できるのです。
しかし健康保険制度は両刃の剣です。
安く治療できるなら、市販薬を買うより病院へ行こう!
そういう風潮になってしまいます。
実際に国民医療費へ負担を掛けているのはこの部分です。
本来、公的な制度を使って治療しなくてもよい病気や怪我に対しても、保険に頼ってしまう。
私達一人ひとりの節度が求められています。

◆発毛の治療に健康保険は使えない
ならば発毛を治療するのは時代に逆行しているのでは?
発毛は自分でやるべきだ!
もっともな理屈です。
とはいえ健康保険が使えるのは、最低限の治療に対してです。
いわゆる美容系の治療は健康保険が使えません。
そのため発毛に関しても、客観的に考えれば緊急性が低い!
すなわち現状において、発毛の治療には健康保険が使えません。
クリニックに通っても全額自己負担です。
だったら治療する意味はあるのか?
しかしお医者さんにしか処方できない薬があります。
それをもらう意味でも、発毛を治療と捉えることが重要なのです。

◆発毛は深刻な問題です
今の日本では、風邪で直接死ぬことがありません。
そもそも風邪を治す薬はありません。
たくさん食べてゆっくり眠るのが唯一の治療法です。
だから風邪でクリニックへ行くのはおかしな話なのです。
そのため風邪の症状を抑えるには市販薬を使うべきであり、健康保険の対象から除外しよう!
そんな議論があります。
そしてもっと切実な病気の治療を健康保険制度に採用すべきだ!
これはもっともな話です。
発毛も当事者にとっては深刻な問題です。
整形手術だってそうです。
それによって自殺を思い止まる!
生き方が変わるなら?
命に関わる治療と言えるでしょう。
今後は健康保険の矛盾を改善していくべきなのです。

◆有効な薬があります
とはいえ現状において、発毛の治療に健康保険は使えません。
それでも医者に行くか?
もちろん人それぞれ考え方が違うし、発毛の状態にも差があります。
風邪を自力で治す人がいるのと同じでしょう。当人の自覚次第です。
ただし今では発毛に有効な薬があります。
それについて相談するだけでも、意味はあると思います。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP