imasia_17575379_M

相手が妊娠した場合の対処法

もし、浮気相手が妊娠すれば、大抵の男性は慌てふためくでしょう。
中には、たちまち彼女に堕胎を迫ったり、妻に離婚を申し出る人も少なくありませんが、それは無駄に事を荒立てるだけで、決して賢明な策とは言えません。

何しろ、本当に妊娠したかどうかや自分の分身かどうかという事は、実際問題、女性本人にしか分からない事です。
そこで大事な事は、妊娠した、あるいは、子供が出来たという一言に絶対に動じさせられない事!
事実、慰謝料や中絶費用を請求する詐欺であるケースも珍しくはなく、見事に引っかかった芸能人がいた事は、まだ記憶に新しいところではないかと思われます。

ではでは、一体全体どうすれば、そうした被害を回避出来るのでしょうか?
まずはやはり、一度一緒に病院へ行き、正しい診断結果を確認する事です。
例えそこまでは難しくても、最低でも、診断書の現物を自分の目で確かめる事は絶対条件で、単に口で言われただけでは信じるべきではありません。
というより、信じる必要などないのです。

加えて、万一妊娠が現実であっても、それが自分の子であるのかどうか?
この事実確認が最重要で、そんな事出来ないだろうと思われておられる方も多いのですが、何をおっしゃるウサギさん!
今は医学の進歩により、胎児のDNN鑑定が出来る時代で、無論、20万円ばかり掛かりますが、それでも、慰謝料や中絶費を取られる事を思えば安いもの!

それに、大抵の場合、そこまでやろうとすれば、相手の女性の方が逃げてしまうもので、そうなれば、益々犯罪の臭いは強しです。
何と言っても、本来は女性の方がリスクは遙かに大きい訳で、男が拒んでも、必ず否認を求めるべきなのです。
それをしないとか、逆に拒否するというのは、端からこうした下心があると捕らえても考えすぎではありません。
それで自分の子供ではない事が発覚すれば、相手を詐欺罪や恐喝罪で訴える事も出来るのですから、やはり、ここまで強硬に打って出るべきでしょう。

また、そこまできちんとやるには、それなりのお金だけでなく、時間も掛かります。
ですので、その間に相手の素性を調べたり、今後の事を冷製に考える余裕も出て来るというもの!
もし、本当に自然の成り行きだったとすれば、費用の方は、正に浮気の代償と捕らえるのがベターです。

ただ、こうした無駄な時間とお金を遣うのが嫌なら、やっぱり浮気は浮気と割り切り、ルールを守って遊ぶに限ります。
例え相手がそれを嫌っても、自分が妥協しなければ、大きなトラブルは発生しません。
厳しいようですが、それが不倫や浮気の実態というもので、それを把握しないうちに安易に手を出すから問題は起きるのです。
その事を肝に銘じ、どうせなら、正しく楽しく遊ぼうではありませんか!!

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP