睡眠時間の侮れない事実とは

■発毛と睡眠時間との関係の侮れない事実
現代人には、睡眠障害が少なくないようです。
若い間は無茶をしがちですが、睡眠の質と量によって体調が大きく変わることが稀ではありません。
特に睡眠時間と発毛の関係について、侮れない事実もあるようです。

◆適した睡眠時間とは
睡眠時間に関する逸話としてよく出てくるのが、ナポレオンは3時間しか眠らなかった。
しかし昼寝をしていた?
やっぱり睡眠障害だった!
様々な噂はあります。
一方で天才の代表格であるアインシュタインの睡眠時間は?
平均して10時間以上!
頭を働かせるためには十分な睡眠時間が必要なようです。
一般的には、8時間睡眠が望ましいという説もあります。
また睡眠サイクルは90分との説があります。
これに従えば6時間、7時間半などが適しているようです。
もちろん個人によって最適な睡眠時間は異なるでしょう。
とはいえ健康面から考えると?
短時間でも良いという説は、あまりないようです。

◆頭を働かせるなら
違った意味ですが、頭を働かせるなら、十分な睡眠時間が必要でしょう。
つまり発毛のためには、頭に無駄なことをさせてはいけないのです。
発毛のためにだけ時間を費やしてあげましょう。
夜遅くまで仕事や勉強、ゲーム?
頭を使っていると、栄養が脳へ優先的に送られます。
すると頭皮の栄養が足りなくなりそうです。

◆就寝時間に意味がある
睡眠時間も大切でしょうが、就寝時間にも意味があります。
こちらもよく引用されるのが、夜10時から翌日の午前2時までがゴールデンタイム!
つまりこの時間帯は成長ホルモンの分泌が盛んになると指摘されています。
この間に起きていると分泌が妨げられるので、夜10時前に就寝すべし!
言われることが多いようです。
昨今の研究によれば賛否両論あるようです。
それでも午前様にならない方が、身体のためには間違いないようです。

◆寝溜めは意味がない
休日に寝溜めをする!
実践者も多いでしょう。
しかしあまり意味がないようです。
寝たはずなのに疲れがとれない!
稀ではないでしょう。
特に9時間以上眠ると逆に疲れてしまうようです。
言い換えると睡眠時間は発毛と直接関係ないようです。
これは侮れない事実です。
とはいえ健康的に望ましい睡眠時間は?
平日休日問わず6~8時間の範囲です。
また起床・就寝の時間をあまりずらさないことです。
つまり人間のサイクルは簡単に変わらないからです。

◆寝具は大切です
発毛で悩んでいる人は、睡眠全体について見直してみましょう。
例えば寝具は大切です。
枕が合っていないと、血行が悪くなり、睡眠中に栄養や酸素が滞ることになります。
これも睡眠障害の原因であり、発毛にもダメージです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP