肌の水分量とたるみの関係は

■肌の水分量とたるみは関係するか
人間の身体は、6割以上が水でできています。
そのほとんどは各細胞の中に細胞液として含まれています。
ならばお肌の水分量も同じくらいなのでしょう。
しかしお肌の水分量に関しては?
諸説あります。
この理由は?
何をもって肌の水分量とするか?
それが曖昧だからのようです。
そこでたるみと関係していそうなお肌の水分量について考えてみましょう。

◆細胞の6割は水分
人間に限りませんが、生き物は細胞からできています。
そこで細胞の成分をみてみると?
水分が6割以上を占めています。
もちろん液体の状態のみならず、化学物質と結合した形の水もあります。
とはいえどの細胞でも基本的には同じです。
そうであれば?
肌の水分量、皮膚にある水分割合も約60%と考えてよいのでしょう。
一方で体内における水分の数%が失われると?
体調に大きな影響があるとも言われます。
ならばお肌の水分量は?
たるみやしわの原因として重視すべきなのでしょう。

◆湿度をチェックしよう
お肌がカサカサになると?
お肌の水分量が減ったと考えることができます。
つまり皮膚の表面から水分が適宜蒸発しているからです。
ちなみに水分は割合の高い方から低い方へ流れます。
言い換えるなら、周りの湿度が60%未満であれば?
皮膚から水分が蒸発しやすくなる原理です。
ならば常に湿度をチェックして、お肌の水分量が維持されるように努めるべきでしょう。
お肌の水分量が少なくなると?
細胞の活性が弱まり、お肌の弾力性が衰え、たるみやしわになると指摘されているからです。

◆お肌の水分量とたるみの関係
具体的に、お肌の水分量とたるみとの関係はどうなっているのでしょうか?
つまりお肌に限らず細胞は、水分があることによって弾力性を示すことができます。
水風船を考えればわかるでしょう。
しかし水分の割合が減ってくると?
いわゆるドロドロの状態です。
液体に比べれば、弾力性は減ります。
また水分の絶対量が少なくなれば?
必然的に細胞内の代謝が衰えます。
すると細胞は弱ってきます。
細胞へ適切に水分が補給されなければ?
お肌の機能が低下して、たるみやしわとして現れる原理です。

◆お肌の水分量を保つには
では現実的な問題として、お肌の水分量を保つには、どうすればよいのでしょうか。
まず日々のスキンケアに関しては、肌から水分補給というよりも、蒸発させない!
こちらが重要です。
保湿が叫ばれる所以です。
一方で水を飲むなど体内から水分補給をしましょう。
夏は汗で失われる分もあるので要注意です。
なおたるみやしわに関しては?
水分量が低下して乾燥した肌の細胞、いわゆる角質を速やかに除去することも重要です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP