針を使った新旧の発毛治療法

■針を使った最新および旧来の発毛治療法
薄毛の悩みは、当人にしかわかりません。
様々な発毛法を試しても途方に暮れることがあるでしょう。
とはいえ同じような道具が昔から今まで多様な方法で用いられてきました。
それが針の威力です。
針を使った最新および古来の発毛治療法についても試してみましょう。

◆HARG(ハーグ)
最新の針を使った発毛治療法は、HARGと呼ばれるものです。
HARGとはHAir Re-Generative theraphyの略であり毛髪再生治療です。
患者さんの脂肪幹細胞から成長因子を抽出し、それを注射針によって頭皮へ注ぎ込んでいく発毛法です。
同時に血行促進剤や栄養素なども混ぜていきます。
つまり発毛を促すには頭皮の血行が極めて重要なのです。
施術後3カ月程度から効果が確認され始めるようです。
またプロペシアが適用できない女性でも可能です。
話を聞くだけでも価値はあるので、まずはカウンセリングを受けてみましょう。

◆ノンニードルHARG
HARGの進化型として、ノンニードル法があります。
つまり針を使わないHARGです。
やはり注射針を頭に刺すのは恐怖感や痛みがあります。
もちろん麻酔を利用することもできます。
しかし痛みかハゲか?
究極の選択を迫られるのも切ないものです。
そんな要望に応えました。
高圧スプレーを用いることにより、有効成分を頭皮内に注入できる手法が開発されたのです。
まさしく求めれば、道は拓けてくるのでしょう。
それでも効果は十分です。

◆はり治療
一方で古くから実践されている針を使った施術には、鍼治療があります。
発毛にも有効です。
もちろん鍼に科学的根拠があるか?
説明は難しいかもしれません。
しかし効果を実感している人は少なくありません。
なお鍼には副次的なメリットがあります。
つまり体験してみるとわかりますが、発毛を阻害していたのは別の部分だった?
そんなこともチェックできるようです。
もっと重症の部分を治したら発毛が促された?
珍しくないようです。
すなわち健康な身体にならないと、発毛は二の次ということが理解できるでしょう。
トータルで身体のメンテナンスをする意味でも、鍼はおすすめです。

◆細い針が開発中
どちらにしても針は痛そうで嫌だ!
先端恐怖症の人もいるようです。
とはいえ針は何故痛いのか?
物理的に考えれば理解できます。
つまり細い金属の先端に全体の圧力が加わるからです。
これを避けるにはどうするか?
針を太くして力を分散する?
逆に極めて細くすることです。
例えば蚊の口先は針と同じです。
しかし痛みを感じることはありません。
これと同じ原理の注射針が、糖尿病患者用などを中心として開発されています。
発毛に対する需要が高まれば?
針に関する研究はもっと進んでいくでしょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP