imasia_10307778_M

注射して禁煙できるワクチン

■注射して禁煙できるワクチンができた?
タバコを吸った時の爽快感!
これが禁煙できない理由とも言われています。
もちろんこれは明らかにニコチン中毒です。
薬物を使用する人と同じ心理です。
日本でタバコは合法ですが、それくらい強い意識を持つべきでしょう。
とはいえ昨今は、この原理を逆に応用した?
注射して禁煙できるワクチンが期待されているようです。

◆タバコは深呼吸できる
タバコのメリットを唯一あげるとすれば?
深呼吸すること!
指摘があります。
つまり現代社会では呼吸が浅くなってしまうようです。
これが原因不明?
そう言われてしまう体調不良の原因!
考えられています。
頭痛や肩こりの時でも?
ゆっくりと大きな深呼吸を繰り返すことにより、落ち着いてくるものです。
タバコを吸うと、無意識に深呼吸をします。
もちろん悪い空気も入ります。
しかし絶対量として酸素を取り入れ、二酸化炭素を排出する!
基本的なことが達成できます。
これもタバコを吸った時の爽快感につながります。

◆禁煙ワクチンとは
まだアメリカなどの諸外国における試験段階です。
日本で合法化されるには数年以上かかるでしょう。
しかし注射して禁煙できる?
ワクチンが開発中です。
具体的に禁煙ワクチンとは何でしょうか。
基本的な原理は通常のワクチンと同様です。
ニコチンの抗体を注射によって体内へ入れます。
その後喫煙によってニコチンが体内に入った際に、その抗体がブロックします。
するとニコチンが脳へ到達できません。
結果としてタバコを吸った時の爽快感が得られなくなります。
逆にタバコを吸った時の嫌悪感だけが残るようです。
一度注射すれば数カ月から半年程度効果が持続するようです。
その間に禁煙プログラムを続ければ?
無理なく禁煙が成功しそうです。

◆ワクチンは効果があるか
そもそも論ですが、ワクチンに効果はあるのでしょうか?
例えばインフルエンザです。
ワクチンを注射したのに罹ってしまった!
稀ではありません。
もちろんインフルエンザの場合にはウイルスの型があります。
これが違えば意味がありません。
ならば禁煙ワクチンはどうか?
タバコではニコチンがターゲットです。
ならば注射によってこれをブロックすれば?
型による無効性を回避できるでしょう。

◆タバコを吸う目的は
タバコを吸う本当の目的は何でしょうか?
爽快感が止められないなら?
注射による禁煙は成功するかもしれません。
しかしコミュニケーションの道具?
ダイエットの方法!
別の目的があれば?
注射でも意味はないでしょう。
タバコは嗜好品なので、無理に止める必要もありません。
とはいえ本当に禁煙したい人にとっては?
ワクチンも選択肢のひとつです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP