imasia_16131780_M

女性の体は脂肪燃焼しにくい

■女性は脂肪を燃焼しにくくなっている
女性と男性では、身体のメカニズムが大きく違います。
その最たることは?
女性は体内で子を育てる!
これに尽きます。
すなわち女性の身体は、子供を守ることを中心に作られています。
例えば閉経前は、生活習慣病に罹りにくくなっています。
しかし逆に皮下脂肪が付きやすくなっています。
そして脂肪燃焼がしにくくなっているようです。

◆女性は皮下脂肪が付きやすい
一般的に女性は皮下脂肪が付きやすいと言われています。
この理由は何でしょうか?
つまり体内で子供を守るため、クッションの意味で?
身体を温める役割で?
または飢餓に備えて!
皮下脂肪が重要な働きをするためです。
一方で出産に際して、ある程度の脂肪がないと?
すなわち痩せすぎだと難産になりがちです。
もちろん肥満過ぎてもいけませんし、無理なダイエットもご法度です。
適度ほど難しいことはありませんが、日頃から意識して動く生活をし代謝力を高めなければ?
脂肪燃焼以上に皮下脂肪が蓄積されていくでしょう。

◆脂肪燃焼しにくい
女性の身体は脂肪燃焼がしにくいと言われています。
この理由は何でしょうか。
つまり脂肪燃焼には筋肉が関係しています。
筋肉でエネルギーを消費することにより、蓄積された分の脂肪燃焼が進みます。
しかし男性に比べて女性は筋肉量が少ない傾向にあります。
言い換えると、これが女性に冷え性の多い理由でもあります。
そういう意味で女性は積極的に動いて筋力を高めるように習慣付けないと?
脂肪燃焼が進みにくくなります。
なお昔の女性は家事や育児で慌しく動いていました。
だから肥満にならなかったのでしょう。
一方で現代は家電の普及により家事が楽になりました。
その余裕として?
お腹周りの脂肪になったようです。

◆閉経後に注意すべし
女性は閉経後に注意すべしと言われています。
この理由は何でしょうか。
つまり閉経後は子供を直接守る必要がなくなります。
だから女性ホルモンの分泌量が減ります。
すると代謝力が低下します。
全身の脂肪が燃焼しにくくなるようです。
また血管が老化して循環器系疾患にも罹りやすくなります。
更年期のケアに気を配らないと、急激な体調変化に襲われます。
それがストレスで肥満を助長する!
稀なケースではありません。

◆ダイエットではなく運動を
女性は皮下脂肪が付きやすいけど脂肪燃焼しにくい。
だからダイエットをする!
もっともな理屈です。
しかしダイエットではなく、身体を動かす!
生活リズムを付ける意味での運動をしましょう。
絶食系ダイエットでは栄養バランスが崩れます。
筋肉を鍛えることで、脂肪燃焼のみならず、しわやたるみの予防にもなります。
一石二鳥以上です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP