mother combing her daughter's hair

外国人との間の子供の養育費

■外国人との間に生まれた子供の養育費
戦後の混乱期、米兵との間に子供ができる事例は多々ありました。
当時は差別に苦しんだこともあったようです。
もちろん今でも?
軍人に限らず、日本へ外国人が多く来るようになりました。
そこで何らかの関係があれば?
新たな命を授かることもあります。
目出度い話ではあります。
しかし現実的な生活が待っています。
そもそも外国人との間に生まれた子供に対する養育費はどうなるのでしょうか。

◆日本人の男と外国人の女との場合
第一のパターンは、日本人の男と外国人の女との間に生まれた子供の場合です。
ありがちなのは飲み屋の女性と関係を持ったケースです。
結論から言うと?
日本にいる限り、日本の法律が適用されます。
そのため結婚すれば、当然ですが養育費ではなく生活費の問題です。
一方で浮気?
相手の女性が子供を日本で産むならば?
養育費支払いの対象です。
もちろん認知したらの話です。
とはいえ相手が帰国すれば?
その国と日本との関係によって変わるでしょう。
お互いの法律を尊重しあう国同士であれば?
男性に養育費の支払い義務は残ります。

◆日本人の女と外国人の男との場合
第二のパターンは、日本人の女と外国人の男との間に生まれた子供の場合です。
過去によくあったのは、軍人の男性と飲み屋の女性とが関係を持った事例です。
とはいえ注意したいのは、相手は直ぐに帰国してしまう可能性が大きいことです。
特に軍人であれば、治外法権の問題があり話は厄介です。
もちろん相手が認知すれば、養育費の問題は発生します。
ただし毎月もらうことは難しいと考えられるため、一括払いで請求するのが現実的な選択です。

◆海外で生まれた子供は
海外で外国人との間に子供を作ってしまった場合はどうなるのでしょうか?
もちろんその国の法律に従うべきでしょう。
養育費のシステムがあれば、支払い義務もしくは受け取る権利が生じます。
日本に自分だけ帰国しても、逃れることはできないでしょう。
なお認知しないこともできます。
とはいえ外国人の方が執拗です。
手段を選ばないこともあります。
法外な賠償金を請求されることもあります。
自分に非があれば?
弁護士と相談の上、認めた方が賢明です。

◆子供のことを考えましょう
ひと時は楽しかったのでしょう。
とはいえ生まれてくる子供のことも考えましょう。
養育費があれば生活は安定するでしょうか?
もちろん昨今はハーフタレントが人気です。
ただしそれは一部の人たちだけです。
子供たちの世界は残酷です。
そこまで覚悟していますか?
外国人と交わることは悪いことではありません。
しかし大人の責任を明確にしておきましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP