imasia_17822465_M

女側も養育費の支払義務あり

■女側にも養育費の支払い義務はある
日本における一般的な事例として、離婚すると母親が親権を持ち子供を引き取ることになるようです。
もちろん母性の問題がありそうです。
子供にとっても母親が大切なのでしょう。
父親は、いろいろな意味で、縁が薄いのも事実です。
とはいえ父親が子供を引き取った場合には?
養育費の扱いはどうなるのでしょうか。
母親すなわち女側にも養育費の支払い義務があるのでしょうか。

◆基本は変わらない
養育費の問題は、男か女かではありません。
様々な意見はあるでしょうが、現代の日本では?
父と母が協力して子供を育てることが一般的とされています。
そのため大人の理由で離婚したとしても?
子供が成人するまでは双方に養育義務が残ります。
しかし一緒に住めないので、養育費としてお金で解決するわけです。
したがって父親が子供を引き取れば?
母親すなわち女側が養育費を負担することになります。
養育費の基本的な考え方は変わりません。

◆収入で決まる
養育費の金額をどうやって決めるか?
法律で決まってはいませんが、皆が参考にする算定表があります。
これに従えば?
養育費の値段は、別れた男側と女側の収入によって決まります。
男が子供を引き取った場合でも、女側の収入が少なければ?
養育費の支払いが免除される?
もしくは低額に抑えられることがあります。
これは親の生活を第一に考える!
そんな原則もあるためです。
中には借金をしてでも、親の務め!
責任を感じて養育費を払うケースがあります。
しかし親が倒れては意味がありません。
子供も悲しみます。
特に日本では女側の収入は低い傾向にあります。
現実的に決めることが重要です。

◆女側が引き取れない理由
多くの事例では、女側が子供を引き取ります。
しかし女側が引き取れない理由は何でしょうか?
最も多いのは、女側の原因で離婚したケースです。
例えば妻が不倫をした!
浪費癖がある!
育児放棄や虐待がある?
犯罪者になった!などです。
このような場合には、子供の教育上もよくありません。
当然ですが、教育できないでしょう。
ちなみに男側が大金持ちである場合にも、女側が引き取れないパターンになります。
やはり悔しいですが経済的な問題は重要です。

◆専業主婦でも義務は残る
子供を引き取らない女側が再婚した場合はどうなるのでしょうか?
つまり専業主婦になってしまったケースです。
事実上収入がありません。
それでも離婚時の取り決めに従うので養育費を支払う義務は残ります。
どうしても払えない現状があれば?
再度話し合うべきです。
養育費は子供の権利なので、親の勝手な都合で決めてはいけないのです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP