imasia_15487841_M

子供の権利はどこまで認める

■子供の権利はどこまで認められるのか
未成年であっても日本人として生まれたのであれば?
子供の権利が保証されています。
とはいえ親が離婚をしていれば?
子供は不遇と考えることもあるでしょう。
自分は我慢しなければならないのか?
悲しい現実もあります。
もちろん子供に罪はありません。
辛い思いをさせないように、十分な経済的支援をする義務が親にはあります。
しかしどこまで子供の権利は認められるのでしょうか。

◆養育費は子供の権利
養育費は子供の権利です。
その子が生活するためのお金です。
厳密に言えば、養育費を親が使ってはいけません。
とはいえそんなことは事実上不可能です。
食べ物を完全に分けることはできません。
したがって教育費に使う!
すなわち学校や塾の費用に使うことが望ましいようです。
また子供の服や医療費に費やすのが正解です。
子供は小さいからわからない?
しかし間違っても親の遊興費にしてはいけません。

◆親に会う権利
養育費の対極?
子供の権利として親に会う!
これも認められるべきでしょう。
元夫婦間にどんな諍いがあったとしても?
親子の関係が崩れているとは限りません。
離婚時に、子供と会える回数を取り決めるでしょう。
しかし子供が会いたいと言えば?
それを妨げてはいけないでしょう。
それこそ子供の権利です。
子供は大人の道具ではありません。
賛否両論ありますが、子供にとって父親も母親も大切です。
もちろん新しい親ができることもあるでしょう。
とはいえそれはまったく別の話です。

◆親に会わない権利
逆の問題として、親に会いたくないケースもあるでしょう。
自分を捨てた!
こんな意識があれば?
会いたくないのは当然です。
こちらも事前に取り決めがあったとしても子供が会いたくないと言えば?
無理やり会わせることはできません。
これも子供の権利です。
養育費を払っているから会わせろ!
そんな主張もありますが、養育費と会う権利は別の話です。
混同してはいけません。
もちろん会って養育費以外に小遣いをせびることもあるでしょう。
とはいえ両親が揃っている家庭であっても?
母親に隠れて父親に甘える娘?普通の話です。

◆子供の権利を奪ってはいけない
現代の日本でも、未だに経済的な事情から高等教育を受けられない子供が少なくありません。
本人が勉強嫌いなら仕方がありません。
しかし小さい頃から、自分は片親育ちだから贅沢できない!
そう思い込んでいたとしたなら?
それは悲劇です。
子供の権利を奪うことは誰にもできません。
第三者を介してでも子供の本音を引き出しましょう。
卑下させることなく、可能な限り夢が叶うような道を拓いてあげましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP