血糖値が高いとどこが問題か

■血糖値が高いと何か問題があるのか
健康診断をして、血糖値が高い!
指摘されることがあります。
肥満の人ほど、うるさく言われるようです。
とはいえ血を舐めても甘くないですね。
では血糖値とは何でしょうか。
血糖値が高いと何か問題があるのでしょうか。
また脂肪燃焼とは関係あるのでしょうか。

◆血糖値と脂肪燃焼の関係
食べた物は、胃や小腸で分解され、アミノ酸やブドウ糖の形で吸収されます。
それが血管内を通って、まずは肝臓へ届けられて蓄えられます。
この際、血液中にブドウ糖がどの程度あるか?それを測ったのが血糖値です。
言い換えるなら、食後は一時的に血糖値が上がります。
しかし肝臓で糖分が蓄積されることによって血糖値は下がり、平常状態に落ち着きます。
一方でエネルギー消費が活発になると、血液中の糖分が必要な場所で使われます。
すると血液中の糖分が減り血糖値が下がります。
下がりすぎると貧血のようになるので、糖分を補給しろ!
命令が下されます。
初めは肝臓にあった糖分が放出されます。
それでも足りないと?
溜まっていた脂肪の出番です。
ようやく脂肪燃焼が起こり、分解され糖が作られ血液に補充されます。
これが基本的な血糖値と脂肪燃焼の関係です。

◆糖尿病の仕組み
飽食になると、どんどん脂肪が蓄積されます。
それも限界を超えると?
血液中の糖分が吸収されなくなってしまいます。
血液中に糖が溢れている状態です。
これがいわゆる糖尿病の仕組みです。
血液中の糖分がおしっこにもだらだらと流れてしまうので「尿」の文字があります。
軽度の糖尿病ならば、運動したり食事制限によって改善されます。
しかし重症になると?
薬を使って糖分を排出する必要が生じます。
併せて脂肪燃焼を促して、糖が溜められるスペースを作ることも求められてきます。
在庫が積み重なる状況です。
一歩間違えば過剰在庫で倒産します。
身体が倒産したら?
どうなるのでしょうか。

◆何が問題か
血糖値が高いと何が問題なのでしょうか。
血糖値が高いと、血液がべたべたどろどろになります。
血の流れが悪くなるので、動脈硬化や心筋梗塞などを招きやすくなります。
血糖値自体が問題なのではなく、それが引き起こす結末が問題なのです。

◆在庫を入れ替えましょう
糖尿病もしくはその予備軍になれば?
食事制限をして血糖値を上げないようにする必要があります。
一方でそれに併せてスペースを作る!
すなわち溜まった脂肪を追い出す!
つまり脂肪燃焼を促すことも大切なのです。
同じ物を溜めておくのではなく、在庫は常に入れ替える!
動かさないと体内であっても錆たりカビの温床になってしまいます。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP