pixta_16589891_M

隣人トラブルは、音より臭い

どんなに設備や立地条件の良い住居を見つけ、わくわくしながら入居しても、そこが悪魔の住む家である事は珍しくありません。
しかも、その悪魔は、自宅に住んでいるのではなく、隣の部屋や家に住んでいるのです。
そう、所謂隣人というやつですね。

特に賃貸で、設備も立地も良く、家賃も手頃なのに、出入りの激しい部屋。
加えて、隣の住民は、長年住み着いているというような状況であれば、その可能性は低くないものと推測されます。
何しろ、便利で快適で安いのです。
そこが安住の地になるのであれば、そう容易に出て行く訳がありません。
だからこそ、悪魔は居着いている訳で、それに負け、引っ越しする人が後を絶たないという流れだと見る事が出来るでしょう。

とは言え、実際には、そういう情報を提供してくれる家主や不動産屋などいる訳がなく、まるで掘り出し物のように、好条件を並べ立て、一生懸命お勧めしてくれますし、その熱意と魅力に心を引かれない方がおかしいのが世の常というもの!
そして、ラッキーとばかりに入居したら最後、悪夢が待ち受けているという訳ですね。

因みに、最も多い隣人トラブルは、一戸建ての場合は、庭木の問題やゴミの問題だそうですが、やはり集合住宅の場合は、騒音問題!
まあ誰もが思いつくところです。
しかし、それを抜く勢いで今、急増しているのが悪臭問題だと言うではありませんか!?

言われてみれば確かに、騒音というのは、一日中というのは案外少ないもので、昼夜を問わず、24時間音楽を聴き続けている人や楽器を演奏している人、あるいは、駆け回ったり、泣きわめいたりしている子供というのは、まずいないと言えます。
加えて、聞こえて来るのが掃除機や洗濯機の音なら、結局はお互い様という事になり、時間帯などを考えて欲しいとは思っても、そう長時間でない事も考慮し、文句を言うに値しない事が一般的でしょう。
それに、性交渉の声については、口では不満を言いながらも、心の底では、こっそり楽しんでいる人も少なくはないはず!

それに対し、臭いというのは、仮にその元となっているペットが寝ていても漂うもので、ゴミも同様!
溜めていれば、本人が居ても居なくても、臭いだけは充満してしまいます。
そういう点では、音以上にたちが悪いと言えるのです。

さらに、悪臭問題は、衛生上もよろしくはないのですが、中々法的に対策を練るのが難しく、各自治体が定める迷惑条例に委ねるには、相当のハイレベルにまで達しなければならないものと見られます。
ただ、騒音とは異なり、異臭については、いつも放たれているものであるお陰で、下見の段階で、十分チェックする事により、気がつく事もしばしば!
特に、ベランダや廊下に長居すれば、気がつく事は珍しくありません。

しかし、賃貸物件の見学で、ベランダや廊下に佇み、じっくり臭いまで嗅ぐ人は少なく、大抵は、周囲の風景や状況だけをさっと見て済ませてしまうのです。
けれど、それではいけません。
後に余計な隣人トラブルに巻き込まれる可能性もあるという事を踏まえ、ある程度その辺りは念入りに観察すべきです。
そうすれば、隣近所の人の顔を見られるチャンスもありますし、そこで一言挨拶しておけば、入居後の関係が随分と違って来ます。
それもまた、一つの隣人トラブルの予防に繋がりますので、是非ともご参考になさって下さい。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP