Confused single-parent with son outdoors in front of house

非嫡出子も養育費はもらえる

■非嫡出子でも養育費をもらえるのか
日本では重婚が認められていません。
男女平等の社会では当然の決まりでしょう。
とはいえ現実的には、妾を持つ?
愛人!
不倫が行われているのも事実です。
男女関係があれば子供が生まれることもあります。
しかしその子はどうなるのか?
基本的に正妻が産んだ子を嫡出子と呼びます。
そして正妻以外の女性が産んだ子は非嫡出子と称されます。
かつては差別の対象でしたが、民法改正により、相続面では嫡出子と同等の権利を持つようになりました。
ならば非嫡出子でも養育費がもらえるのでしょうか。

◆父親が認知するか
養育費をもらうためには、父親がその子を認知する必要があります。
つまり法律上の父親に対してしか養育費を請求できないためです。
言い換えるなら、相手が認知を拒めば?
養育費をもらうことはできません。
妊娠したことを理由として正妻との離婚を迫ることもあるでしょう。
最低でも認知をしてくれ!
子供を産む気持ちがあるなら、お願いしましょう。
とはいえ脅迫してはいけません。
気持ちを損ねてしまえば?
すべてが台無しです。

◆父親と証明できるか
相手が認知を拒んだらどうなるか?
ありえることです。
とはいえ今ならDNA鑑定もできます。
現在の技術であれば?
限りなく100%に近い確率で親子か否かを判定できます。
しかし相手から試料をもらうのは、任意です。
強制的に奪うことはできません。
この点も話し合いで進めていくことが大切です。
もちろん話し合い自体を拒むかもしれません。
ならば弁護士などの専門家に依頼するのが得策です。
本気で子供を育てる意志があるなら?
長い道のりかもしれませんが、あらゆる手段を試してみましょう。

◆子供を説得できるか
子供を認知してくれたとしても、あくまで非嫡出子という存在です。
法律的な差別はなくなりましたが、家庭には父親がいません。
貴女は納得できるでしょうが、子供は理解してくれるでしょうか?
大きくなれば、子供を説得することも大切になります。
もちろん父親も積極的であり、子供に会おうとしてくれるかもしれません。
正妻に子供がいなかったり、正妻にはいない性別の非嫡出子がいれば?
可愛がってくれるかもしれません。
子供を利用して養育費をお願いするのも?
避けたいですが、選択肢のひとつです。

◆相続権はある
基本的に非嫡出子でも、父親が認知すれば養育費はもらえます。
そちらの方が積極的に支援してくれるかもしれません。
もちろん法的な婚姻関係がなければ?
貴女には相続権がありません。
しかし非嫡出子でも嫡出子と同等の相続権があります。
そこで一発逆転することも可能です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP