imasia_9935521_M

養育費をいつまで払い続ける

■養育費はいつまで払い続けるべきなのか
養育費をいつまで払い続けるべきなのでしょうか。
もちろん親としての感情があるならば?
養育費という名目を別にして、一生払い続けるべきなのでしょう。
離婚は罪ではありませんが、子供に対して、申し訳ない!
謝罪の気持ちがあるはずです。

◆離婚していない家庭をみると
養育費を無制限に払い続けるべきなのか?
とはいえ離婚していない家庭ではどうか?
子供が成人に達しても何らかの資金援助をすることが稀ではありません。
少なくとも大学卒業までは生活費を含めて支払い続けるでしょう。
結婚式の費用を負担したり子供のマイホーム購入に際して頭金を負担するかもしれません。
そう考えると、養育費だからいつまで?
そういう話ではないようです。

◆法律的にはいつまで
養育費を払う当人は、子供と別居しているでしょう。
違う家庭を築いているはずです。
場合によっては再婚しているかもしれません。
そうするといつまで払うのか?
面倒な話になります。
では法律的にはいつまで払うべきなのでしょうか?
基本的に子供が成人するまでです。
すなわち20歳までです。
とはいえ高卒で働き始めれば?
扶養義務が免除されるケースがあります。
しかし大学進学が当たり前の時代になりました。
すると22歳まで払ってもらいたいでしょう。
それでも法律上は成人後の支払い義務がありません。
将来的に成人年齢が18歳に引き下げられたなら?
養育費も18歳までになるのでしょう。

◆感情的にはいつまで
法律は融通が利きません。
つまり感情的にはどうするか?
子供が大学へ進学するなら?
そこまで面倒を看てもらいたいでしょう。
これは双方の話し合いによって決めるべきです。
そういう意味では離婚時にしっかりと決めておくべきなのです。
単なる感情で別れてはいけないのです。
また18歳になった段階で、再度協議する!
そんな取り決めをしておくのも一法です。
とはいえそこまで物分かりの良い人であれば?
離婚するでしょうか。

◆子供としてはいつまで
子供としては、いつまで養育費を払ってもらいたいでしょうか。
親が離婚したが故に大学へ行けない?
子供には罪がありません。
そういう意味では、就職するまで払い続けて欲しいでしょう。
もちろん別れた親を許せない!
お金なんか要らない!
そんな心強い子供もいるでしょう。
それをバネにして頑張ってくれれば?
親としても安心です。
とはいえバネが伸びきってしまわないように。
適切なケアが求められます。

◆経済的に払えるまで
養育費の前提は、親の収入があることです。
そのため健康面を含めて収入が減ってしまえば?
養育費の支払い義務が免除されます。
言い換えると経済的に可能な限り、払い続けるべきでしょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP