imasia_13950212_M

養育費を払わない場合の対策

■元夫が養育費を払わない場合はどうするか
3組に1組が離婚する時代となりました。
もちろん生涯添い遂げるのが一番です。
しかし合わない人と一緒にいるのは精神的にも問題です。
さっぱりと別れて新しい人生を始める方が良いでしょう。
とはいえ子供がいると大変なことが多々あります。
特に女性が独りで子供を育てるには経済的な負担が少なくありません。
そこで元夫に養育費を求めますが、元夫が養育費を払わない場合もあります。
そんな時はどうすべきでしょうか。

◆裁判をして払わせる
養育費は子供に対する親の義務を示すものです。
したがって元配偶者が再婚したとしても、養育費の義務は消えません。
つまり親権を有した側は、養育費を請求する権利があります。
そのため相手が払わない場合には、裁判を起こすことができます。
すると通常のケースでは、元配偶者に支払いを命じる判決がでます。
法律には逆らえませんので、払わない場合には一番の解決法です。
もちろん弁護士に頼んで、和解に持ち込むことも可能です。

◆給与から天引きする
養育費を払わない場合、元配偶者の勤め先を知っていれば?
お願いして給与から天引きしてもらうことができます。
勤め先が二人の関係を承知していれば話は早いでしょう。
そういう意味では、結婚したら直ぐに会社へ届けておくことが大切です。
もちろん弁護士から伝えてもらうこともできます。
裁判によって天引きする命令が下されることもあります。

◆収入が減ったらどうなる
養育費は子供のためですが、親の生活を困窮させてまで払う義務はありません。
まずは当人の生活が成り立っていることが条件です。
例えば離婚によって職場で居づらくなり転職するケースがあります。
また精神的にダメージを受ければ仕事の能率が低下し、仕事内容が変わるかもしれません。
すると収入の減る可能性があります。
基本的に養育費は収入に応じて決まるので、経済的余裕がないと判断されれば?
支払わない場合が出てきます。

◆執拗に請求し続けるべきか
芸能人やスポーツ選手が離婚すると、莫大な養育費を請求するケースがあります。
しかしこれはあくまでも例外です。
言い換えるならそれだけの収入を得ている証拠です。
一般の人において養育費は、月5万円にも満たないのが現実です。
もちろんそれでも母子家庭にとって大切な収入になります。
とはいえ相手が払わない場合でも執拗に請求し続けるのか?
その時間とエネルギーを仕事や育児に費やした方が、子供のためにはなりそうです。
なお口約束だと支払わない場合が必然的に生じてしまいます。
裁判のこともあるので、必ず書面にて支払う旨を了承させましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP