学資保険が支給される

学資保険にはいくつか種類がありますが、小学校卒業などの節目に祝い金が支給されるタイプの学資保険もあります。祝い金と言っても、保険会社の善意でくれるお金ではなく、契約内容に含まれている保険金のひとつであり、祝い金の金額分、満期保険金が少なくなっているのが実情です。しかしまとまった保険金が受け取れるのは嬉しいものです。なお学資保険を契約する際には、税金面の注意も必要です。現状の税金制度では学資保険に税金は事実上かからない(控除される)と言えますが、祝い金は一時所得になり、保険金の受取額から必要経費である払込金額を引いた分が原則として課税対象になります。ただし学資保険の契約中途に受け取る祝い金のケースでは、それまでの支払金額の方が多いのが一般的であり、時にこの祝い金がプラスになっても50万円までは控除されるのでご安心ください。一方で満期金を受け取る際に、受取人が保険契約者と異なるケース、例えば保険契約者が死亡したケースなどでは、保険金が贈与税の対象になりますので注意が必要です。受け取った保険金の総額から税金の基礎控除額である110万円を差し引いた残りが課税対象になります。また親の死亡に伴い育英年金を受け取るケースでは、子供が受取人の場合は子供の所得となり、子供に所得税がかかったり、税金の計算上親の扶養から外れる可能性がありますので契約時にご確認ください。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP