pixta_13942526_M

学資保険の加入時期

学資保険は、基本的に0歳から12歳までの間に契約する必要がありますが、時に妊娠中から契約できる学資保険もあります。

保険の最適化を考える、つまり毎月の掛け金を低く抑える一方で満期金を最大限にしたい場合には、学資保険の最適加入時期は出産後直ぐということになります。

これは保険契約期間が長いほど掛け金が割安になるためです。

なお学資保険の加入時期は、保険契約者である親の年齢も考慮する必要があります。

一般的には55歳程度まで加入可能の学資保険が多いようですが、特に22歳満期の学資保険のケースでは、最後まで親が支払いきれるのかを検討することが重要なので、親の年齢面から学資保険の加入時期を考えると、20歳代後半から30歳代前半が最適と言えるかもしれません。

晩婚化が進む現在ですが、医療技術の進歩に伴い子供の死亡率は極めて低くなっており、反面高校進学が当たり前の世の中なので、総合して考えると、学資保険の加入時期は、生後直ぐ、かつ親の収入が安定する30歳代前半が最適となるようです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP