pixta_18377373_M

学資保険の確定申告

自営業者の方はお馴染みですが、毎年所得税の確定申告を行う際に、生命保険の掛け金は生活上の必要経費とも考えられるので、税金の計算対象から除外されるいわゆる控除の対象になります。学資保険の場合も生命保険に類するものと考えられるため、確定申告時には生命保険と併せて生命保険料控除の名目で申告することができます。ただし掛け金に応じて、例えば生命保険と学資保険などのその他の保険料を合わせた年間の掛け金が合計25,000円以下の場合は全額、同25,001円から50,000円以下の場合は掛け金合計の半額に12,500円を加えた金額、そして同50,001円以上の場合は掛け金合計の4分の1の額に25,000円を加えた金額が控除対象になります。なお学資保険を含めた控除額は最大5万円、個人年金保険料と併せて最高10万円までですのでご注意ください。一方サラリーマンの方は確定申告ではなくお勤めの会社が年末調整を行いますので、その際に確定申告の場合と同様に学資保険の控除証明書を忘れずに提出しましょう。ちなみに控除とは、その人の収入のうち、税金の計算対象から除外するという意味であり、控除額が現金で戻ってくるわけではありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP