pixta_17313465_M

学資保険の違い

学資保険には保障型と貯蓄型がありますが、貯蓄型学資保険は通常の金融機関における貯蓄と大きな違いはないように思えます。しかし貯蓄型とは言っても学資保険は保険商品であるため、保険契約者である親に万が一のことがあった場合には、その後の支払いが免除されると同時に、満期金は契約どおりに支払われるというメリットがあります。この点が一般の貯蓄と学資保険の大きな違いであり、学資保険の最大のメリットと言えるでしょう。ちなみに保障型学資保険であれば、生命保険的なオプションがあり、子供が怪我や病気になった時にも保障が得られますが、貯蓄型学資保険ではそのようなオプションがないため、保険契約者に問題がなく満期まで達すれば、銀行などに貯蓄した場合と違いはほとんど感じられず、あるとすれば利率の違いによる受取額の違いでしょう。なお貯蓄の場合は、低金利などの問題はありますが、元本割れすることはありません。一方で学資保険の場合は、契約内容によって満期金の総額が総払込金額よりも少ないケース(元本割れ)もありますので注意が必要です。ただし貯蓄を崩してしまう誘惑に弱い人は、保険商品の方が確実に学資を貯めることができるようです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP