pixta_17313460_M

学資保険の選び方

かつて学資保険はかんぽ(郵便局)だけでしたが、近年は様々な保険会社が学資保険を提供しており、その選び方に迷っている方も多いでしょう。学資保険に限らず、保険商品の種類は千差万別であり、メリット・デメリットを一々比べても埒が明きませんが、基本的な学資保険の選び方は、貯蓄型か保障型のどちらにするかです。他の生命保険などに加入しているケースでは保障内容が一部重複することがあるので、貯蓄型を選ぶのがベターでしょう。逆に生命保険を兼ねたい場合には保障型とするのが、学資保険のひとつの選び方です。また子供の将来を見据えた選び方も重要であり、高校進学に備えた15歳満期型、大学進学に備えた18歳満期型、社会人向けの20歳満期型または22歳満期型など、満期の時期を基準にした選び方も重要です。近年は、大学進学時に一番お金がかかるとされているので、18歳満期型が多く選ばれています。なお22年先?は金利変動、物価上昇、就職内定率などを考えると不安も多いですが、中学卒業時(15歳)や高校卒業時(18歳)に祝い金などとして一時金が受け取れる22歳満期型であれば便利な学資保険と言えるかもしれません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP