pixta_14563285_M

学資保険の児童手当制度

子育ては楽しい反面、大変なこともあります。特に昨今の日本では経済的な問題が子育てを厳しくしているようです。もちろん学資保険などによって将来必要になるお金を自分達で確保しておくことは大切ですが、一方で国や地方自治体による各種制度を利用することも有用です。毎年正しく税金を納めているのであれば、遠慮せずに公的な補助制度を活用しましょう。中でも小学生以下の子供がいる場合には児童手当制度が使えます。基本的に児童手当制度の対象は小学生以下の子供すべてになります。児童手当制度は、現状において3歳未満の子には1人当たり月額1万円、3歳以上は第一子および第二子に対して同5千円、第三子以降はそれぞれ同1万円が支給されます。ただし児童手当制度は自己申告制なので、子供が居れば地方自治体の窓口へ忘れずに申請しましょう。また一部所得制限があったり国の政策によって内容が変化するので詳細は市区町村にお問い合わせください。ちなみに児童手当制度と学資保険は無関係であり、学資保険への加入如何を問わず申請することが可能です。言い換えるならば児童手当制度を考慮して学資保険の積立金を考えると良いでしょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP