学資保険の比較

保険会社は商売でやっているので基本的にメリットしか説明しません。ビジネス倫理を考えると難しい判断ですが、利益を得なければ保険会社も倒産するので、たとえ契約側の立場であっても文句は言いづらいようです。そのため私達は保険を選ぶ際に、どのように比較したら良いのか?困るケースがほとんどです。昨今はそのようなニーズを受けて、インターネット上に保険の比較サイトが登場したり、街中でも客観的に保険商品を比較して相談に応じてくれるお店があります。もちろんファイナンシャルプランナー(FP)など金融商品の専門家に保険商品の比較をお願いすることも可能です。なお子供が生まれると学資保険が気になりますが、学資保険の比較ポイントとして、何を目的にするのか?があります。単にお金を貯めたければ、純粋に返戻率重視で学資保険を選びましょう。しかし子供の病気や怪我を心配するのであれば、返戻率は100%を切りますが、特約の付いた学資保険がお奨めです。また最終的な満期金をいくらに設定するのか?中学や高校卒業時に一時金が必要か?なども学資保険の比較材料になりますので、まずは家族の生活設計を企て、その後FPなどの専門家を訪ねるのが賢明です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP