pixta_17058006_M

学資保険の社会人保険

子供の間は親などの保護者に守られ、経済面からも支援されることになりますが、学校を卒業して就職した場合には社会人として、仕事をしないのは論外として、責任のある行動を取ることが求められます。時に親が加入していた学資保険の満期金を卒業時に受け取ることがありますが、学資保険を独立資金としてアパートを探したりすることになるようです。一方で社会人になれば学資保険を掛けてくれたお礼として親のために生命保険などに加入することも親孝行のひとつです。ちなみに社会人保険と呼ばれる保険商品はありませんが、社会人の保険として、就職すると様々な方面から保険の勧誘があるようです。なお社会人の保険として、自動車保険などの損害保険もあります。卒業して日が浅く、まだ独身の間は社会人の保険に対する必要性を感じないものですが、結婚した場合には、家族を守るという社会的責任感から生命保険などを検討することが大切であり、子供が生まれれば、今度は自分が我が子のために学資保険を考える必要があると言えるでしょう。このように世代が代わってもやることは同じですが、言い換えると同じことができるということが、本当の幸せなのかもしれません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP