学資保険の返戻率

子供の教育費を貯めるために使われる学資保険は、基本的に毎月一定額を積み立てていくものです。もちろん学資保険は保険商品の一種であるため、様々な特約が付くことにより、必ずしも得するわけではありませんが、最も単純なタイプであれば返戻率が110%を超えるタイプも珍しくないようです。ちなみに返戻率とは、積立総額に対する一時金と満期金を合わせた保険金総額の割合です。言い換えると積立総額よりも保険金として受け取れる金額が少なければ返戻率が100%未満になり、学資保険に加入する意味はなく、銀行の定期預金の方が得?と考えられるかもしれません。しかし学資保険は、被保険者である親に万が一のことが起きた場合、積立金の支払いが免除される一方で保険金が得られるという、まさしく保険である点が重要です。なお子供の怪我や病気にも対応してくれる特約の付いた学資保険では、返戻率は100%に満たないのが一般的です。そのため学資保険に加入する場合には、返戻率を重視するのか、何らかの補償を考慮するのか、家族全体の生活設計と合わせて選択することが大切です。ただし昨今の低金利状態では、返戻率110%を超える商品は限定されてしまうのが現実です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP