pixta_6947273_M

みなし弁済とは

過払い金の返還請求が拡がっていますが、一方でみなし弁済という概念も登場しています。みなし弁済とは、過払い金の請求問題が発生する以前に、貸金業者を保護する目的で旧貸金業規制法において定められていた規定です。つまりみなし弁済とは、利息制限法を超える金利であっても出資法で定める金利を超えなければ、債務者が支払う利息を受け取っても罰せられないという決まりです。みなし弁済の考え方に従えば、いわゆるグレーゾーン金利分は債務者が「任意」で支払っていたものであり、貸金業者には責任はないと解釈されます。なおみなし弁済とは、これもグレーゾーン的な法律なので、現在の法律では廃止されていますが、貸金業者の中には、このみなし弁済を主張して過払い金の返還を拒むケースがあります。ちなみにみなし弁済とは、貸金業者として登録されている業者であって、契約に際して必要とされる事項を網羅した書類を作成しているなど、特定の業者にだけ認められた優遇措置ですが、本来グレーゾーン金利は罰則規定がないだけであり、利息制限法に従えば違法であるため、みなし弁済が過払い金の返還を拒む理由にはならないというのが現時点における一般的な解釈です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP