敗訴するケースも

過払い請求は基本的には訴えれば勝てるといわれているものです。
それもそのはず、裁判で「違法だった」と判決を下された事を行っていたのですから、同じように訴えれば勝てるのが日本の司法制度です。
敗訴するかもしれないと思っている人もいるかもしれませんが、みなし弁済規定等を加味しても、敗訴するような事はまずありえません。
一般論としては、過払い請求を行うと消費者金融側は妥協案を提示してきますので、裁判にはならないのです。
妥協案は、どれくらい戻すかといった話しなのですが、その額に不満があるのであれば、その時には「訴訟」という形になり、裁判となるのです。
ですから、裁判をせずともお金はある程度戻ってくるのです。
戻ってくる額に不服の時には裁判となるのです。
そのため、敗訴というよりも、思ったほどお金をもらえないといったケースはあります。
この点に関してはどのように考えるかです。消費者金融としても、どこもかなり体力が無くなっています。
ようやく復調しつつあるものの、以前に比べればまだまだ苦しい台所事情のところも多いですが、訴訟する側としても妥協を強いられる事もあるのです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP