流れと期間

消費者金融などに支払った過払い金の返還を請求する場合にはおおよその流れを把握しておくことが大切です。つまりその流れは次のとおりです。まず自分が借りていた貸金業者に対して取引履歴の開示を請求します。これは自分が借りた金額、毎月の返済額、うち元本分と利息分を明確にするためです。弁護士などの専門家に依頼すれば、開示までの期間は早くて1週間程度、遅くても数週間のうちに開示されます。時に自分で過払い金の請求をするケースがありますが、この場合は、足元を見られて数カ月の期間を要する場合もありますので、強気で取り組むことが大切です。取引履歴が開示されたら次の流れとして、実際に支払った金額が利息制限法の上限を超えているかどうか計算します。これを引き直し計算と呼んでいます。引き直し後に過払い分が確認できた場合は、実際に貸金業者との返還交渉に入ります。相手も死活問題なので、様々な理由をつけてきますが、専門家に依頼すれば早くて1週間程度、遅くても1カ月程度の期間で和解が成立します。そして実際に過払い金が銀行口座などに振り込まれるまでには、早くて1週間程度、遅い場合には数カ月の期間を要することになります。ちなみに話し合いによる和解が成立しない場合には訴訟が行われることになります。このような過払い金返還請求の流れから考えると、初めから返還終了までには、早くて1カ月、個人で行う場合には1年以上の期間を要することもあるようです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP