消費者金融のグレーゾーン

なぜ過払い請求があるのかと言えば、消費者金融がかつて金利を高くしてお金を貸していたからです。
出資法の上限は29.97%でしたが、貸金法の上限は19%でした。
個人に貸すのであれば貸金法が適用されるのではないかという声もあれば、お金を貸すという行為は「出資」なのだから出資法の上限金利でも良い。
このような理屈から、どの消費者金融も出資法の上限金利でお金を貸していたのです。
この間の金利はいわゆる「グレーゾーン」と呼ばれていた金利で、専門家や識者の間でも様々な議論が交わされていたのですが、裁判になりました。
そして裁判で「違法」との判断が下されたのです。
しかもです。ただ違法と判断されただけではなく、いわゆる「違法金利」で取っていた分を返すようにとの判決となってしまったのです。
消費者金融側からすると、それまで利益だと思っていたものを返却しなければならなくなってしまったのです。
そのため、過払い請求がきっかけで倒産の道を選択せざるを得なくなってしまった消費者金融の会社も多いのです。
グレーゾーンの恩恵を受けていた消費者金融にとって、過払い返還訴訟は大きな痛手となってしまったのです。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP