pixta_14364386_M

過払い金発生の目安

近年巷で発生している過払い金の返還請求とは、金融業者に過剰に支払ったとされる利息の問題です。

かつては出資法の上限である年率29.2%がお金を貸し出す際の目安とされていましたが、多重債務問題が多く発生するに従い、上限を20%と定めている利息制限法を目安にすべきとの声が高まり、この利率の差額分を過払い金と称して返還を求める動きが活発化しています。

ちなみに利息制限法では、元本(借りたお金)が10万円未満の場合は年率20%、同10万円以上100万円未満の場合は18%、そして同100万円以上の場合は15%を超えてはならないと定めており、これを超える時は、その超過分が無効になると定めています。

つまり自分が借りた元金と月々支払っている利息分を計算し、これ以上支払っている場合には、過払い金が発生しているとみなすことができます。

目安としては50万円を年利18%で借り入れた場合、毎月の利息は7500円になりますので、これ以上の利息には過払い金が発生する可能性があります。

なお元本や契約内容により一概には言えませんが、過払い金「返還」の目安は、元本が20万円以上で5年以上支払いを続けているケースです。

ただし返済期間がまだ数年のケースでは過払い利息が発生していても、その分は元本の支払いに充てられ、返還される(お金が戻ってくる)ことはありません。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP