自分で請求

債務整理のひとつに、消費者金融などに過剰に支払った利息分、いわゆる過払い金の問題があります。お金の調達方法を規定する出資法によれば借金に対する最高年間利率は29.2%まで許されているので、多くの金融業者はこの範囲内でお金を貸していました。当然これ以上の利率は違法です!しかし近年、多重債務問題が深刻化してきたため、10万円未満を借りた場合の最高利率は年間20%と、より低利に定めている利息制限法を基本的な法律として考えるようになりました。つまり、この利息の差額分を過払い金と称し、この返還を求める訴訟が相次いでいます。なお、このような過払い金の返還請求は、通常法的な問題が絡むため弁護士や司法書士に依頼するケースが一般的でしたが、昨今は悪徳弁護士がいたり、弁護士費用が嵩むなどの理由から、自分で過払い金の返還請求を行う例が増えています。また自分で請求しようとする人が増加するにつれ、自分で請求するための支援サイトがインターネット上でも現れています。しかし自分で過払い金の返還請求を行う際には、それなりの法的な知識と、絶対に取り返す!という強い意思が必要です。金融業者も死活問題なので、簡単には支払には応じることはなく、自分で取り組む際には、持久戦を覚悟する必要があります。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP