行政書士には…

過払い請求の相談は弁護士か司法書士と相場が決まっています。
高額な場合は弁護士の方が良いです。
司法書士は簡易裁判であれば代理人を務める事が出来るのですが、高額訴訟へと発展すると、司法書士では代理人を務める事は出来ません。
過払い請求で訴訟に発展するケースはそうそうないのですが、万が一を考えるなら弁護士の方が良いのでは無いかと言われていますが、司法書士であってもそうそう問題となるような事はありません。
ですが行政書士となると話はまったく異なります。
そもそも、行政書士は司法に関しては何らタッチ出来る立場ではありませんので、過払い請求を行政書士に相談しても、司法書士か弁護士に相談すべきと言われるだけです。
行政書士に能力が無いという事ではなく、言わば「管轄外」なのです。
そのため、行政書士に依頼しても意味が無いと言っても過言ではないのです。
行政書士に依頼するよりは、初めから弁護士か司法書士の元に出向くべきです。
もちろん、司法書士ではなく行政書士に相談した方が良い事も多々ありますが、過払い請求の問題であれば行政書士ではなく、司法書士です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP