計算方法について

■過払い金の計算はけっこう大変
過払い請求をする場合、いくらの過払い金があるのかを、請求する側が計算しなければなりません。貸金業者側も法律に基づいて営業しているわけですから、「金利高いから計算して返してよ」と言われてもそこまでしてやる義理はないのです。となると、請求する側、つまりあなた本人か、代理人にあたる弁護士や行政書士などの誰かが過払い金を計算しなければならないのです。ところがこの計算、そんなに簡単ではありません。なぜなら、利息は年率ですが、実際に計算する際には日割りで利息を計算しなければならないから。途中で借入を増やしたりしていれば、それも計算に含めなければなりません。

■過払い金計算のソフトを使ってみよう
なかなか骨の折れる作業ですが、計算が苦手な人でも根性と明確な取引履歴さえあれば、過払い金計算をすることが可能です。もっとも簡単で安い方法は、「過払い計算ソフト」をダウンロードしてくること。これは、法律事務所やフリーソフト置き場などにあるので好きな物を使うと良いでしょう。あとは入力していくだけです。もしも取引履歴を保管していないのなら、貸金業者に取引履歴の開示をすれば良いでしょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP