pixta_19926854_M

訴訟には必要書類と証拠書類

貸金業者が過払い金の返還に快く応じない場合には、返還請求のための訴訟を起こすことになります。訴訟に際しては証拠書類などの必要書類の提出が求められるので事前に準備しておきましょう。例えば訴訟に必要な証拠書類として借金の契約書、取引履歴、利息制限法に基づいて計算し直した引き直し計算書、過払い金返還請求書、そして過払い金返還請求書を送付した際の送付記録などがあります。ちなみに過払い金返還請求書は訴訟に際して重要な必要書類、証拠書類になりますので、送付時には必ずコピーを取っておくようにしましょう。つまり過払い金返還請求書を送付した事実は、貸金業者が過払い金返還に応じない有力な証拠になるからです。また貸金業者が「受け取っていない!」と開き直ることを考えて、配達記録郵便など送った事実を証明できるようにしておくことも重要であり、これが後々証拠書類として効果を発揮することがあります。なお訴訟に際しては、証拠書類などの必要書類はコピーを2部作成し、正訴状・副訴状のそれぞれに必要書類を添付するのが基本です。さらに必要書類には通し番号を振っておくこともお忘れなく。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP