訴訟に必要書類とその他

貸金業者に対する過払い金返還訴訟に際しては、いくつかの必要書類があります。基本的な必要書類は訴状、過払い金が発生する過程を示した取引履歴、過払い金返還請求書などの証拠書類ですが、その他の必要書類として訴訟相手である貸金業者の代表者事項証明書(登記事項証明書)があります。これは法務局に行けば誰でも入手(印紙代1000円が必要)できる書類であり、訴訟に際して訴える対象が法人の場合には、その訴訟相手を確定するために必要な書類です。その他に免許証などの身分証明書を準備しておくことも大切です。ちなみに過払い金返還請求訴訟に関する必要書類は裁判所によって異なるケースがあるので、訴訟に際して必要書類その他を揃える際には事前に該当する裁判所に問い合わせることが大切です。また過払い金返還訴訟のための特別な申立書があることがありますので、注意ください。その他に不明な点などがある場合には、迷わず裁判所に問い合わせることが二度手間を防ぐためには重要です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP