pixta_14528660_M

「イライラ」は“トゲトゲ”だった!?

人はよく、“いらいらする”という表現を使います。しかし、その意味や語源を本当に知っている方は、案外少ないのではないでしょうか?
◆「イライラ」の意味は?
「イライラ」という単語を国語辞典で調べると、“焦って心が落ち着かない様子”や“深いな事に神経が高ぶる事”など、速い話、物事が思い通りに進まず、興奮状態に陥る事を示す言葉であると記されています。そして、「イラつく」とは、イライラする事とあるのですが、面白い事に、とある辞書で「イライラ」という単語を引くと、なんと、“イラつくこと”と書かれているではありませんか!! そうなると、これは正しく卵が先か、鶏が先かという話になって来て、益々イライラしそうですが、そこは一つ冷静になって、イライラの本当の意味と由来を考えてみましょう。

■「イライラ」は名詞ではない
「イライラ」という単語は、名詞ではなく、あくまでも副詞であって、それ自体が意味を持たないものです。そこで、本来なら、“イライラする”や“イライラがピークに達する”などとなって初めて意味を成す訳ですが、これまた面白い事に、イライラの4文字だけでも、十二分に状況や感情を伝えられてしまうという中々の強者だと思われます。事実、他にも、自立語であってはならないはずの副詞であっても、それなりに単体で意味が通じる言葉は、「きっと」や「とても」、「そこそこ」など、多数存在はするものの、それらは、前後の話の流れが把握出来なければ、価値や理解が得られない事が圧倒的多数なのに対し、たった一言で、強い不快感を持って興奮している事が伝えられるイライラという言葉の人々に与えるインパクトの強さや知名度は、恐るべしものであると言っても過言ではないでしょう。

■「イライラ」は2つの顔を持つ言葉だった!
実は、この「イライラ」が、ここまで自立語としての素質を確立して来られた裏側には、2つの微妙に異なる顔とも言える意味を持つ単語であるという事が上げられます。
◆「イライラ」の表の顔
まず一つは、先述の通り、自分の思う通りに物事が進まないために焦ったり、日差しが強すぎるなどと言った理由で不快感が高まったために心が落ち着かない様子や言動の事で、“待ち人が来ないためにイライラする”とか、“おなかがすいてイライラする”と言った使い方をするもの! 一見、こちらの方がメインのように感じられそうです。しかし、実際には、もう一方のイライラの方が、私たちには驚くほど身近で、頻繁に使われているのであります。
◆「イライラの裏の顔
「イライラ」という単語のもう一つの顔は、物事が思い通りにならず、じれた気持ちをそのまま表す表現! 確かに、先の意味と大差はないようにも見えますが、実際には、大きな違いがあると言えるでしょう。何故なら、これこそが、“イライラが募る”とか、“イライラが続く”、あるいは、“イライラするな!”と言いたいときに用いられるものだからです。そのため、優秀な辞書になると、前者と後者をしっかりと区分し、2つの意味を持つ単語として明記しています。

■「イライラ」の漢字表記
ところで皆さんは、イライラするという言葉を文字で表す時、ここにもあるように、「イライラ」というカタカナ表記を用いる事が一般的ではないでしょうか? これは「イラつく」という言葉についても同様で、イライラに漢字があるなんて、全くご存じない方も多いのではないかと思われます。しかし、イライラという単語は、立派に漢字で書ける単語であって、その字が言葉の本当の意味と由来を伝える大きな鍵になっているのです。
◆「イライラ」は元々「トゲトゲ」だった!
「イライラ」という言葉は元々、神経が高ぶるというよりは、どちらかと言うと、おおらかさや優しさに欠ける人の代名詞のような表現でした。と言うのも、イライラの「イラ」は、草木や魚の持つ苛性物質の「苛(イラ)」、即ち、刺(トゲ)」の事を意味したからです。しかも、そのイラを2つ重ね、協調性を増す事により、正に刺々しい雰囲気を持つ人や場面を表す語りとして使われ始めました。しかし、その一方で、刺に触れるとチクチクし、その刺激は独特の不快感を与えます。そこで、日差しが強すぎたり、暑すぎ・寒すぎ、あるいは、蚊に刺された痒いと言った時など、それに似たどことなく精神的に不安定に陥れてしまうような強い不快感を与える様な刺激を指すようになったのだとか・・・!?
◆「イライラ」を漢字で書くと
という事で、「イライラ」を漢字で書くと、皮膚を刺激するという意味の「苛性(かせい)」の“か”でもある刺「苛(イラ)」という字を使い、「苛々」となります。無論、“イラつく”の表記は「苛つく」!
◆刺々しくなりたくなければイライラは駄目!
因みに、イライラの語源とも言えるトゲトゲ」という言葉を辞書で調べてみると、“態度や言動がきつくて親近感を欠いている様子”とあり、なるほど、もし、それが転じて、今のような使われ方をする「イライラ」という言葉が定着したのなら、納得出来るというものでしょう。即ち、待ち合わせの時間に相手が遅れている時など、外部から与えられた不快感で苛々するのはOKですが、自分で自分の言動に対してイライラするというのは頂けないのです。とは言え、人間、刺々しくはなりたくないもの! となると、自分で自分にイライラするのは勿論、人に対してイライラするのも極力避けたいものですし、ましてや、自分自身に腹が立つにも関わらず、誰かにイライラしてはけ口を求めるというのはもってのほかですね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP