pixta_18377941_M

不眠症を悩みと捉えると、よけいに眠れません

不眠症は、多くの日本人が抱える悩みのひとつです。
5人に1人は不眠症?
そんなデータもあるようです。
若者であれば眠っている時間も惜しい!
しかし歳をとると眠れなくなります。
それが良いのか悪いのか?
悩みと捉えると?
よけい眠れないのかもしれませんが。

■不眠症とは何か
そもそも不眠症とは何でしょうか。
例えば入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害などの睡眠に関するトラブルです。
とはいえ一晩だけなら問題ありません。
そのような状態が1カ月以上続き、かつそれが原因で日中にも影響が現れているケースを意味します。
つまり夜眠れなくても、日中元気で頑張れるなら?
不眠症ではありません。
徹夜を続けても日中の作業能率が低下しないなら?
それは病気ではなく、ナポレオン的な能力です。

■不眠症とはどんな症状か
具体的に不眠症とは、どんな症状なのでしょうか。
まず入眠障害は、寝つきが悪い状態です。
布団に入っても30分以上ウトウトもしないなら?
不眠症かもしれません。
中途覚醒は、夜中に目覚めてしまう状態です。
そのまま朝を迎えることもあるでしょう。
そうなると早朝覚醒にも該当します。
この場合、○時間しか寝ていない!
焦ってしまいます。
それがよけいに眠れなくしているケースもあります。
そして熟眠障害は、熟睡できない状態です。
疲れが取れないのは、このパターンです。
金縛りにも遭いやすいでしょう。

■不眠症の原因は
不眠症になる原因は何でしょうか?
例えば悩みがあったり精神的なストレスを抱えることです。
眠れない!
そう思い込むことも不眠症を助長します。
もちろん何らかの病気がある際も二次的な不眠症を導きます。
具体的には咳が止まらない!
お腹が痛い!などです。
昨今問題視されているのは?
睡眠時無呼吸症候群やうつ病です。
これらの病気は自分ではわからないケースが少なくありません。
一方で眠る環境が整っていないこともあります。
パートナーのいびき?
暑すぎたり寒すぎる?
明るすぎることも眠りを妨げる原因です。

■不眠症を放置すると
不眠症の人は、眠れない!
イライラしたり不安になります。
するとよけいに眠れなくなります。
悪循環に陥ります。
自分は病気なのでは?
変な方向へ行きます。
不眠症を放置すると?
そちらの方が心配です。
一度専門家に診てもらった方がよいでしょう。
アドバイスを受けるだけで安心して治ることもあります。
なお人間は眠らないと死んでしまいます。
必ずどこかで眠っています。
それが日中に生じると問題です。
それを目安に考えましょう。

■不眠症の治療法は
不眠症か?
自覚した場合にはどうすべきなのでしょうか。
まずは本当に不眠症なのか?
チェックしましょう。
家族に相談するのも良いでしょう。
また寝室の環境を変えてみましょう。
明るすぎず、うるさすぎずです。
なお寝酒の習慣は?
熟睡を妨げてしまいます。
一方で眠くなるまで床に就かない!
これも有用です。
眠らなければ!
そんな自己脅迫も、不眠症を助長します。
眠くなければ寝なくても良い!
開き直ることで爆睡することもあります。
もちろん医者や心療内科などのカウンセラーと話をするのも有効です。
深刻な不眠症であれば?
薬による治療法もあります。
独りで悩まないことが?
一番の解決法です。

■不眠症を予防するには
不眠症の治療も重要ですが、不眠症は予防できます。
第一に精神的なストレスを溜めないことです。
また日中に運動をして身体を適度に疲れさせましょう。
一方で規則正しい生活リズムを整えましょう。
不規則な生活こそ不眠症の元凶です。
なお寝る前にリラックスしましょう。
好きな映画を観たり音楽を聴いたり。
読書も良いでしょう。
逆にゲームなどで興奮してはいけません。
ちなみに寝具は適切ですか?
枕の高さや布団の重さも案外関係しています。
とはいえ最も大切なことは?
変に悩んだり思い込まないことです。
布団に入って目を閉じたら?
楽しいことを考えましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP