imasia_13678683_M

植毛が定着すれば?自毛と同じです

薄毛の悩みは人それぞれです。
何とか発毛しようと考える人もいます。
しかしもう手遅れ?
カツラなど他の手段を用いることもあるでしょう。
とはいえ昨今では植毛技術が発達しています。
植毛が定着すれば?
自毛と同じです。
画期的な方法を試してみませんか。

■相談する勇気を出しましょう
薄毛に関して、独りで悩んでいても意味がありません。
悩めば悩むほどストレスも溜まりどんどん抜けるだけです。
そんな生活をそろそろ止めませんか?
例えば植毛の専門家と相談してみませんか?
勇気を出しましょう。
早く始めれば?
結果が早く出てきます。
植毛を体験した人たちが共通して言うことは?
もっと早く来ればよかった!
千里の道も一歩からです。
まずはカウンセリングだけでも良いでしょう。
中途半端な悩みこそ危険です。

■植毛は安全なのか(植毛の悩み1)
植毛を躊躇する理由として、植毛は安全なのか?
漠然とした悩みがあるでしょう。
もちろん植毛は手術です。
100%の安全は保証されません。
また100%成功するとも限りません。
しかし植毛技術は日々進歩しています。
熟練した医師にお願いすれば?
かなりの確率で納得できる仕上がりになるでしょう。
なお近年はメスを使わない植毛法が主流になりつつあります。
植毛ロボットも開発されています。
頭皮へのダメージを最小限に止められます。
そのため頭皮の回復力も高まります。
失敗するリスクは格段に低減されています。

■植毛する毛がない(植毛の悩み2)
基本的な植毛方法は?
自分の毛を植え付ける自毛植毛です。
つまり植毛するためにはドナーとなる自毛が必要です。
通常は後頭部の髪を利用します。
頭頂部が薄くても?
後頭部はしっかりと生えているパターン!
いわゆる波平さんタイプが多いためです。
とはいえそこに十分な毛がなければ?
これは大きな悩みです。
発毛を促すところからスタートです。

■お金がかかる(植毛の悩み3)
植毛にはお金がかかります。
これも深刻な悩みです。
植毛面積にもよりますが、100万円近い費用が求められるからです。
とはいえトータルで発毛剤などにいくら費やしていますか?
また精神的な不安感を慰謝料として算出すれば?
将来的に髪の毛の心配がないなら?
高い買い物でもないでしょう。
それよりタバコやお酒、中途半端な趣味を止めれば?
相応の資金は集まるでしょう。
自信を取り戻すための金額です。
むしろ安いはずです。
ちなみにクリニックのモニターとなれば?
割引価格が適用されます。
目線が入ったり頭の写真だけのパターンもあります。
こちらも相談してみましょう。

■時間がかかる(植毛の悩み4)
植毛は夢のような技術です。
とはいえ定着するまでには時間がかかります。
平均的には数カ月から数年程度かかります。
自然な発毛周期を考えれば当然です。
その間我慢できますか。
またドナーにするため後頭部を刈り上げることもあります。
そんなヘアスタイルも悩みです。
しかし定着するまでクリニックがカツラを貸してくれるサービスもあります。
いかにも植毛しています?
そんな雰囲気は出せません。
変なストレスがあれば?
定着に影響するからです。
なお挫折しそうになったら?
数年後の豊かな髪をした自分をイメージしましょう。
心がポジティブになれば?
傷痕の回復力も早まります。

■定着すれば自毛と同じ
植毛のメリットは?
定着すればかつての自毛と同じになることです。
カツラがバレル?
蒸れる心配はありません。
強風や水中でも?
問題ありません。
もちろん生活習慣を正したりストレスを溜めない!
身体のメンテナンスは必要です。
それでも直接的な髪の心配がなくなれば?
不安感がなくなるのでストレス性の抜け毛はなくなります。

■今度は抜けないように
植毛が成功したならば?
今度は抜けないように努めましょう。
第一に禁煙です。
栄養バランスの整った食生活も心掛けましょう。
若くして抜け毛になったなら?
遺伝的要因があるはずです。
そのため環境要因を整えましょう。
頭皮を大切にしてあげれば?
髪は永遠の友達です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP