imasia_17998273_M

これだけはやろう!老眼の悩みを解消するコツ

認めたくないのが老眼の悩みです。
老眼イコール老化!
わかりやすい話です。
昨今は30歳代でも老眼の隠れた悩みが珍しくないようです。
もちろん老眼の原因は?
眼の使いすぎです。
老眼になりたくなければ?
悪化を予防するには?
眼の酷使を直ちに止めましょう。
とはいえ今ある老眼の悩みを解消するにはどうするか。
これだけはやっておきましょう。

■老眼鏡を使う
老眼になって一番嫌なことは?
周りから弄られることでしょう。
特に若い人たちから、老眼ですか?
しかし、老眼です!
開き直りましょう。
老眼を解決するスタートは?
老眼を自覚することです。
そして素直に老眼鏡を使いましょう。
もちろん既に近眼の人は?
メガネに対する抵抗感はないでしょう。
とはいえ近眼鏡と老眼鏡をかけ替えるのも面倒です。
昨今は遠近両用メガネがあるので、お医者さんで相談しましょう。
なお老眼は無理すると?
どんどん進行します。
悪化を予防するためにも?
諦めて老眼鏡を使いましょう。

■適度に眼を休める
老眼の原因は?
眼の酷使です。
そのため仕事中であっても適度に眼を休めましょう。
特にパソコン作業であれば?
1時間に最低1回!
10分程度の休憩をとりましょう。
その際に可能であれば?
遠くを見ましょう。
もちろん緑である必要はありません。
ボーっと眺めるだけでも?
ストレス解消になり眼のリフレッシュに貢献します。
なお若い人でも過信してはいけません。
子供も老眼予備軍です。
ゲームなども適度に休息させましょう。
休日にゲームばかりしている人も?
要注意です。
ちなみに十分な睡眠時間を確保することも重要です。
これこそ究極の眼に対する労わりです。

■眼のストレッチをする
老眼は眼の筋肉が衰えてしまった状態です。
そのため眼の筋肉を鍛えましょう。
休憩時間に遠くを見たり近くを見たり。
右を見たり左を見たり。
上を見たり下を見たり。
眼を右回し左回し。
さらにギュッとつぶってパッと大きく見開く!
このようなストレッチを3セットくらい繰り返しましょう。
一方で蒸しタオルを被せてマッサージするのもよいでしょう。
眼の周辺を触って痛みを感じるところが凝っています。
これを優しく解しましょう。
肩こりや頭痛の解消にも効果的です。
頭全体の違和感を取り除きましょう。

■バランスのとれた食事をしましょう
眼の衰えは?
栄養状態も関係しています。
偏った食事をしていませんか?
過度な飲酒もよくありません。
1日3回規則正しくバランスのとれた食事をしましょう。
代謝に必要なビタミン類やミネラルを摂取しましょう。
野菜類や青魚、赤味の肉がお勧めです。

■禁煙しましょう
老眼に限りませんが、禁煙しましょう。
喫煙するとしわが増えるなど老化を助長します。
血流も滞るので、眼には100%よくありません。
老眼が嫌なら?
まずは禁煙です。

■運動しましょう
老眼は筋肉の衰えであり血流の滞っていることが原因です。
これを解消するには?
適度な運動をしましょう。
ウォーキングであれば?
必然的に遠くを見ます。
新陳代謝が高まります。
肩や腰の筋肉が解れるので首筋の血行が良くなります。
脳や眼への酸素補給が促進されます。
なお仕事の休憩時間に体操するのもお勧めです。

■紫外線を避けましょう
運動や遠くを見ることとは逆行しますが、紫外線を避けましょう。
昨今は紫外線の有害性が多々指摘されるようになりました。
お肌を隠しても?
眼から入る紫外線の影響は大きいようです。
UVカットのサングラスをかけるのも有効です。
なお下を向いて歩くと?
紫外線がアスファルトに反射するので危険です。
姿勢を正して前を向きましょう。

■覚悟を決めましょう
すべてを一度にやろうとすると?
これこそ諦めてしまう原因です。
まずはできることからひとつずつ始めましょう。
ひとつが習慣付けば?
次の習慣付けもスムーズになります。
基本は無理をしないことです。
まだ老眼を自覚していない人も?
避けられないことです。
予防に努めると同時に覚悟を決めましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP