imasia_16641858_M

育毛のヒントは農業のテクニックにあります

頭が悪いのも悩みですが、頭の外側も?
悩みのひとつです。
つまり育毛がスムーズにならないことです。
日々抜ける髪の毛にため息をつく!
しかし変に悩むとそれがストレスになります。
これこそ育毛の大敵です。
まずは深呼吸です。
なお育毛のヒントは?
日本人が忘れていた農業のテクニックにあるようです。
謙虚に学んで悩みの解消に努めましょう。

■土を耕す(頭皮を柔らかくする)
まずは土を耕します。
すなわち頭皮を柔らかくすることです。
固まってしまった頭皮の血流を促しましょう。
そのためには適度なマッサージがお勧めです。
洗髪しながら?
テレビを見ながらでもよいので頭全体の凝りを解しましょう。
ここで大切なことは?
爪を立てないことです。
また髪の毛を無理に引っ張らないようにしましょう。
あくまでも優しく丁寧に満遍なく施しましょう。
なお肩の凝りも血行を阻害する要因ですので注意しましょう。

■水をまく(保湿する)
次に水をまきましょう。
すなわち頭皮の保湿に努めることです。
特に冬は気付かない間に乾燥してしまいます。
フケの質を見ながら調整しましょう。
とはいえ頭を濡らした状態ではいけません。
よけいに水分が蒸発します。
すなわち頭皮の保湿で大切なことは?
適度な皮脂を残すことです。
そういう意味では?
過度な洗髪は控えましょう。
一方で頭皮をひっかいて傷付けない!
頭皮に合った整髪料を利用する!
さらにドライヤーの熱風もご法度です。

■化学肥料を使う(育毛剤を使う)
栄養を与える意味では?
まず即効性の化学肥料を使いましょう。
すなわち育毛剤を使うことです。
この場合も肌質に合ったタイプを選びましょう。
そういう意味では?
一度皮膚科などを受診して肌質や育毛状態をチェックしてもらうのがお勧めです。
素人判断で続けると?
育毛に逆行する可能性が否めません。

■有機肥料も有効です(栄養バランスを整える)
栄養にも様々なタイプがあります。
有機肥料という遅効性肥料も有効です。
こちらは土の中からじわじわと効果を上げていきます。
すなわち体内の栄養バランスを整えることです。
言い換えるなら食事に気を遣いましょう。
まず好き嫌いは止めましょう。
野菜を意識したメニューが良いでしょう。
動物性の脂肪やスナック菓子は控えましょう。
継続的な栄養素の補給ができなければ?
頭皮は活力を失います。
育毛剤だけでは限界があります。

■農薬散布(頭を洗う)
現実の農業では農薬を散布します。
すなわち頭を洗うことです。
汚れや雑菌類を適切に落としましょう。
とはいえ過剰は禁物です。
農業でも天敵が居なくなると?
害虫が大発生します。
頭も同じです。
適度な皮脂を残しましょう。
一方でシャンプーは綺麗に洗い流しましょう。
濯ぎが不十分だと?
毛穴を窒息させてしまいます。
なお実際の農業では無農薬栽培という方法もあります。
育毛に関しては?
過度なシャンプーを使わずに毎日お湯だけで洗う!
そんな手法も紹介されています。
敏感肌やアレルギーの人にお勧めです。

■温度管理をしましょう(体調を管理する)
植物が育つコツは?
暑すぎず寒すぎず。
すなわち適切な温度管理が不可欠です。
例えば体温が下がると免疫力が低下します。
血管が縮むので血行も悪くなります。
育毛には逆行します。
日々体調管理に努めましょう。

■適度な刺激が収穫(育毛)のポイントです
植物に過度なストレスを与えると?
自分は死んで次世代を残そうとします。
すなわち髪の毛で言えば?
毛根を保護するために抜け毛を助長して毛穴を閉じる戦略です。
これは避けたいことです。
もちろん適度な刺激は発毛を促します。
この辺の加減が?
収穫を高める、育毛のポイントです。

■手入れをすれば成果が現れます
農業では、手入れをすればするほど成果が現れます。
育毛もまったく同じことです。
毎日忙しくても?
頭皮のケアを怠ってはいけません。
冷害や旱害などの非常事態に対しても?
適切な土壌管理や散水などをすれば?
植物も頑張ってくれます。
すなわち頭皮が荒れてきた?
毛の勢いが弱ってきた?
栄養バランスを整えたりストレス管理に努めましょう。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP