imasia_10075259_M

視力を回復するのは手遅れなのか

日本人の7割は?
何らかの視力矯正方法に頼っているようです。
日本人はウサギ小屋?
狭い家に住んでいるから!
そんな指摘もあります。
もちろん昨今はパソコンやゲーム!
さらにスマホ?
近距離で眼を酷使する道具が増えています。
では視力に関する悩みを解決するにはどうするか?
難しい?
それとも手遅れなのでしょうか。

■レーシックは救世主なのか
視力矯正術として昨今注目されているのは?
レーシックです。
とはいえレーシックは本当に視力の悩みを解決する救世主なのでしょうか?
もちろん原理的には有効な方法です。
実際に芸能人やアスリートなどで試した人たちがいます。
メガネから解放される!
まさしく世界が変わるようです。
ただし一部のクリニックが副作用?訴えられています。
体質や術後のケア如何によって眩しくなる?
ドライアイが酷くなる!
そんなリスクもあります。
術前には必ず納得できるまでカウンセリングを受けましょう。
再手術は難しいからです。

■眼のトレーニングは昔からあるが
昔からあるのが眼のトレーニングです。
例えば小さな穴だけが開いている特殊なメガネをかける?
すると焦点が合いやすくなるようです。
これを定期的に続けることで?
視力が徐々に回復するようです。
そもそも近視などの視力障害は?
眼の筋肉が衰えたためです。
ここを活性化させれば?
理論上は視力が改善するはずです。
そのような観点から?
遠くを見たり近くを見たり。
右を見たり左を見たり。
こんな方法で筋肉の柔軟性を高める方法があります。
もちろん毎日定期的に続けることが不可欠です。
これこそが難しいようです。

■野生的な生活で視力がアップする?
アフリカ人は視力が良い!
実際にアフリカ出身のタレントは遠目が利くようです。
これは小さい時から遠くを見るのが当たり前?
死活問題だったからのようです。
日本国内では、地平線が見えるような場所がありません。
自然と言えば森です。
遠くを見るには空か海しかないのでしょう。
しかしそうすると?
焦点が定まりません。
やはり日本に居る限りでは視力矯正が大変そうです。
つまり視力を回復するためには?
広い草原で野生的な生活をするべきなのでしょうか?
ちなみに南の島で1カ月ほどメガネを使わず本も読まずに生活すると?
視力がアップしたとか?
とはいえそんな暇があるか?
こちらの方が難しそうです。

■進行を止めることはできる
若い間は新陳代謝が活発なこともあるのでしょう。
視力の低下が進みがちです。
毎年のようにメガネを買い替える人もいます。
一方で中年になると?
近視の進行は止まるようです。
ただしその時期には老眼という悩みがあります。
痛し痒しです。
もちろん近視であっても老眼になります。
まったく別物です。
なお生活に注意すれば?
視力低下の進行を止めることはできるようです。
まずは姿勢を正しましょう。
今の人たちには無理でしょうが、スマホやゲームの使用時間を制限しましょう。
使う際にも、手を伸ばした距離で画面を見ましょう。
それができるか?
これも難しい相談です。

■栄養バランスを整えましょう
陳腐で地味な方法ですが、やはり栄養バランスを整えましょう。
特にビタミンやミネラル系を意識して摂取しましょう。
また赤味の肉や青魚系から良質のタンパク質を摂り入れましょう。
なおブルーベリーなどに含まれる色素系が眼に良いと宣伝されています。
もちろん眼の疲労回復には適しているようです。
しかし視力回復には?
直接作用するというデータを探すのは難しいでしょう。

■三日坊主を克服するには
科学が発達することにより、私たちが抱える様々な悩みを解消する方法が提示されています。
巷には多くの本やDVDが売られています。
もちろんどれも有効なのでしょう。
とはいえ三日坊主になる?
これが成功しない最たる理由です。
ダイエットや視力回復の方法を開発するよりも?
もっと根本的に!
三日坊主を克服する方法を、難しいとしても?
教えて欲しいものですね。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP