imasia_17713492_M

日本人のストレス要因はたった2つしかなかった!

今や大人も子供もストレスを抱えていない人間など、少なくとも日本にはいないと言われるくらい、我が国は世界でも有数なストレス大国であると言っても過言ではないでしょう。多種多様のストレス要因があるとされています。しかし、その実態はと見てみると、意外や意外、それほど多くの原因がない事に気がつくのであります。
◆人は何にストレスを感じるのか?
ではでは、日本人は一体全体、どこの何にストレスを感じているのでしょうか? ここに、とあるアンケート調査によって明らかになった、現代人が抱えるストレスのベスト10というのがあります。

■日本人のストレス要因ランキング
第1位、仕事関係
第2位、人間関係
第3位、夫婦関係
第4位、仕事の上下関係
第5位、親子関係
第6位、物事が思い通りにならない
第7位、通勤通学時関係
第8位、時間
第9位、モラルやマナー関連
第10位、義理の家族関係
◆日本人の抱えるストレス第1位は?
堂々の首位は、やっぱり仕事! まあ言うまでもないという事で、仕事が忙しい事や中々捗らない事、面白くない事など、仕事中に溜まったストレスに押しつぶされそうになっている人も少なくないようです。
◆日本人の抱えるストレス第2位は?
ならば、仕事に続く第2位はと見てみると、人間関係! これもやっぱりという気はしますが、ここで一つ、注目して頂きたいのは、その問題の人間関係の多くは、職場にあるという事で、なんと、このランキングの第4位として、上司というのが入っているではありませんか!?そうなると、先の仕事が面白くないというストレスの大きな要因になっているのは、その上司の存在であるという事も大いに考えられます。

■実はストレスの要因は2つしかない!
実際、今回のランキングを見ても、第10位の嫁姑及び義理の家族との関係に始まり、第5位の子供、第3位の夫・妻、第4位の上司まで、これらは全て、一口に言えば人間関係であって、さらに、第8位の時間に追われているとか、第7位の通勤電車での不快感などは、恐らく仕事絡みで発生するストレスであると見て間違いないでしょう。加えて、第6位の物事がうまく行かないというのは、仕事でも人間関係でも起きる事であって、とどのつまり、どうやら日本人のストレスは、社会人なら、このどちらかに収まる事が圧倒的多数のようです。
◆社会的ストレス
実際、多種多様あるように言われるストレスですが、意外にも、その真の要因は、たった2つしかなく、そのうちの1つが社会的ストレスであって、そこに、仕事関係も、学校関係も、家族関係も、そして、その他の人間関係も全て含まれてしまうのです。
◆身体的ストレス
因みに、もう一つのストレス要因は、身体的ストレスで、これは、暑くてイライラするとか、睡眠不足で眠い、二日酔いで気分が優れないなど、主に外的要因によるところが大きいとされています。ただ、ならば、その不眠や二日酔いの引き金となっているものはと聞いてみると、やはり社会的要因に含まれる仕事関係に掘ったんがある事も少なくなく、そこを改善する事により、大幅に軽減出来るのではないかと思われるのです。

■生活習慣や性格によるストレス増加
実はここに、もう一つのストレスに関するランキングがあるのですが、これは、日々の生活習慣や自らの性格の中でストレスを増加させていると思われるものは何かというアメリカで行われた統計結果! これを見ると、なるほどと思える部分が多数ある事に気付かれるのではないでしょうか?
◆アメリカ人のストレス悪化要因10
1、カフェインの取り過ぎ
2、愚痴っぽい
3、変えられない事への執着と願望及び悪い事への集中心
4、体に悪い食べ物
5、何でも一人で抱え込もうとしてのキャパシティーオーバー
6、睡眠不足
7、分析大好き
8、運動不足
9、過密スケジュール
10、やるべき事を先送りにしがち
◆食生活を見直そう!
例えば、カフェインの取り過ぎや体に良くない物を食べているという事などは、正に食は健康の基本であって、生きるための糧なのですから、問題視せざるを得ないでしょう。事実、カフェインの過剰摂取や糖分の取り過ぎなどは、血糖値を乱高下させ、自律神経を乱しますから、肉体的にも精神的にも悪影響を与えかねないのです。結果、体調不良や精神状態が不安定なまま会社や学校へ行き、取り敢えず仕事や勉強をしている訳で、うまく行くはずがなく、人間関係が煩わしくなるのも致し方のないところではないかと思われます。
◆変えられない事への執着を捨てよ!
このランキングの中で、最も注目して頂きたいのは、変えられない事を無理に変えようとする、あるいは、悪い事にばかり集中心を持ってしまうという回答! そうなんです、この世の中には、自分では変えられない事が溢れかえっていて、それに中々なじめない時には、何とか相手を変えよう、変わって欲しいと望むものなのです。職場の上司や嫁姑の関係などは、正にその代表格で、何とか変わって欲しいと心の奥底で常に願っておられる方も少なくない事でしょう。また、悪い事も沢山あって、時には、何をやってもうまく行かない最悪の一日というのもあります。それがしばらく続く事もあって、どんなにポジティブな人でも、ネガティブに陥ってしまうものですが、そういう時こそ、その先や裏側にある楽しい事や自分の手で自由自在にコントロール出来る事に目を向け、手を出す事が大切なのではないでしょうか。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP