pixta_7929603_M

女性の3人に1人が悩んでいる?眼のクマは治せるか

眼の下にある涙袋を強調するメイクが若者を中心に流行っています。
とはいえそこに現れがちなのは?
眼のクマです。
女性の3人に1人がクマの悩みを抱えている?
若いと言っても油断はできません。
若い時こそ注意です。
30歳を過ぎてショックを受けないように。

■青クマさんは血行不良
眼のクマと言っても、様々な種類があります。
原因と症状から?
青クマ、茶クマ、黒クマの3つに分けられます。
まず青クマです。
これは血行不良が原因とされています。
つまり青い静脈血が滞っているのでしょう。
現代社会では起こりやすい眼のクマです。
言い換えるなら眼を酷使しすぎです。
第一は寝不足です。
またパソコンやスマホの使いすぎ!
とはいえ仕事なら仕方がないかもしれません。
ならばプライベートのスマホを控えるか?
難しい相談です。
そうやって疲れやストレスが溜まっても?
青クマさんはやってきます。

■茶クマさんは色素沈着
ついで気になるのが茶クマさんです。
動物園で見かける?
同じ原理かもしれません。
つまり眼の下にメラニン色素が沈着した状態です。
もちろん老化も原因のひとつでしょう。
また昨今では紫外線の影響が指摘されています。
外出しないのも予防法かもしれません。
ただし現実的ではないですね。
スキンケアを心掛けましょう。
白クマさんに化けれるかも?

■黒クマさんは陰?
最後は黒クマさんです。
北海道のヒグマのように力強い?
とはいえ黒クマの原因は光です。
つまり涙袋などがたるんで陰になったようです。
そのためじっくりと観察すると?
色は付いていません。
ひと安心です。
しかしたるみやしわが原因です。
見方を変えると厄介なクマさんです。
こちらは絶滅して欲しいものです。
ただしたるみやしわを放置していると?
意外なほど顔全体に広がってしまいます。
早めに対処しましょう。

■メイクで隠せるか
眼のクマを発見したらどうするか?
とりあえずメイクで隠しましょう。
クマの部分にだけコンシーラーを乗せます。
とはいえ厚塗りは厳禁です。
よけいに目立ってしまいます。
朝は時間がないですが、丁寧に仕上げることがポイントです。
気を付けないと?
人工的に新たな化粧クマ!
パンダ眼を作ってしまいます。
宴会の余興には使えそうですが。

■青クマは生活習慣で治す
青クマの原因は生活習慣にあります。
毎日化粧で隠すのが面倒なら?
生活習慣を正しましょう。
まずは眼を酷使しないことです。
スマホを使うとしても、眼から30センチ離す!
手を伸ばして見るイメージです。
これでも昨今の解像度なら?
十分に文字が読めます。
座っている場合は?
机にスマホを置いて姿勢を正す!
これだけでも違ってくるでしょう。
もちろん適度な運動で身体全体の血行を促します。
冷え性も治しましょう。
そしてビタミンやミネラルなどを十分に摂取しましょう。
無理なダイエットやタバコは厳禁です。

■茶クマは美白化粧品を使う
茶クマは簡単には治りません。
しかし今は有効な美白化粧品があります。
根気強く続けましょう。
そのうちに?
気にならなくなるでしょう。
とはいえ体質によってはアレルギー反応が起きたり、部分的な美白?
ブチ状態になることも否めません。
美容クリニックなどで相談しながら使った方が賢明です。
もちろん同時に紫外線対策も忘れずに。

■黒クマはたるみをなくしましょう
黒クマは、眼のクマとは言えないかもしれません。
とはいえたるみやしわを治す方が難しいでしょう。
こちらも根気良く!
眼の周りのマッサージやストレッチを続けましょう。
またお風呂上りに限らず、保湿に努めましょう。
プチを含めて美容整形は?
最後の手段です。

■続けることが大切です
三日坊主とは、言い得て妙です。
本当に三日は何とか続きますね。
しかし1週間続けられるか?
ほとんどの人は挫折します。
とはいえ眼のクマの悩みは一夜で解決できるものではありません。
言い換えるなら?
ストレスを溜めないことも重要です。
元気があれば、やる気も出ます。
ネガティブ状態を作らない工夫を考えてみましょう。
急がば回れ的な眼のクマ対策です。

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 089986
    ゴールデンウィークが終わると、季節は初夏です。最高気温が30度以上になる真夏日を記録した地域もあ…

おすすめ記事

  1. pixta_12995154_M
    自分が悩んだり、どうにも行き詰まってしまったときには、本を読むのがおすすめです。同じ人間は一人も…
  2. pixta_17490654_M
    冬になると空気が乾燥します。すると乾燥肌に悩まされます。お化粧ののりがよくない?一方で乾…
  3. 010
    1月8日、livedoor等のニュースサイトでも記事が挙げられていましたが、とあるtwitterユー…
PAGE TOP